がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

いっしょに きしゃに のせてって!なかなかよいと思う みんなの声

いっしょに きしゃに のせてって! 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:長田 弘
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784916016591
評価スコア 4.06
評価ランキング 20,832
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元々は「おーい、おりてよ」が日本語訳の最初。

    妹が「おーい、おりてよ」を購入してて
    私も欲しいと思っていました。

    中古書店のオンラインショップで
    「おーいおりてよ」と、こちらの「いっしょにきしゃにのせてって」
    があったので、一瞬シリーズ物かと思って購入したのですが
    訳が違うだけで、ほぼ同じ作品でした(笑)
    ですが、こちらの訳の方が、動物たちが汽車にのせて欲しい理由が明確にわかる気がします。

    ただ、おーいおりてよの方には、SL義経号などと、
    電車の名前もあったりと微妙に違う点もあるようです。

    読み比べてみるといいかもしれません。

    投稿日:2018/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵で魅せる本

    2歳半の息子に図書館から借りました。
    きっかけは、バーニンガムさんの本が読みたかったのと、
    表紙が蒸気機関車で、乗物好きの息子が喜ぶと思ったから。

    ストーリーは、男の子がいろいろな動物を乗せて、遊んだりしながら、
    蒸気機関車を走らせるというもの。
    動物保護(環境保護)を訴えるものでもあったけれど、まあ、普通。
    私が感心したのは、とにかく絵。

    バーニンガムさんのいろいろな技法やタッチの絵が楽しめると思います。
    イラストチックなあっさりとした絵、鉛筆だけで描かれた絵、
    水彩を使ったほのぼの系、夜の暗闇を線で現した絵。。
    特に最後の見開きページの幻想的な絵はステキです。
    どういうタッチをどのように使い分けているのかよくわかりませんでしたが、
    バーニンガムさんは、とても楽しんで描いたんではないかと感じました。

    息子は、蒸気機関車というだけで、よく読んでいました。

    投稿日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • いきていけない

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    人間の手により、追われてしまっている動物たち・・・。物語の中で、自然破壊や動物保護を訴えています。

    「いきていけない」と泣きながらではなく、次々に淡々と訴えている感じです。夢なのか現実なのか判断しにくいですが、きれいな絵のように自然も守っていけたらと思える一冊でした。

    投稿日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然界からの警鐘

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    男の子がパジャマ姿で汽車遊びに興じていると、お母さんに、早く寝るよう叱られ、渋々ベッドに入ります。犬のパジャマ入れを抱きしめ眠りについた男の子でしたが…。

    主人公の男の子が、(夢の中で)大好きな汽車に乗って旅に出るお話です。ジョン・バーニンガムさん作ということで、『ガンピーさんのふなあそび』のようなほのぼのとしたお話かと思ってたら違いました。次々に登場する動物たちの悲鳴にも近い訴えに、【人間として】考えさせられました。男の子と動物たちが遊ぶ場面の温かさと、汽車が進む景色の力強さは表裏一体。生きることの両面を見るような思いでした。幼児〜低学年には少し理解しにくい内容かも?(私自身、1回ではよく理解できず、もう一度読み直しました) しかしながら、重いテーマもジョン・バーニンガムさんにかかるとさらっと描かれているところが見事です。

    投稿日:2006/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢?それとも・・・現実?

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    おかあさんに「いつまで汽車であそんでいるつもり?さっさとベッドにはいりなさい。」って言われて、いぬのパジャマ入れと眠りについた男の子ですが、出したままにしていたおもちゃの汽車に乗って「出発しまーす」・・・。しばらく行くと、ぞうが「ぼくの牙を切って象牙にする人がいる。僕たちは生きていけないってから一緒に乗せてって」。その後も、いろんな動物が「人間が海を汚くして生きていけない」「人間が森の木を切り倒して生きていけない」などと言って来て一緒に汽車に乗って行きます。そして雪がどんどん降ってきて汽車は動けなくなりそうになって・・・。自然保護の考えが根底にあるようですが、子供たちには難しいことはいいんです。大好きな汽車と動物たちが出てくるこのお話しは、私が思った以上に子供たちが気に入った絵本です。でも、最後の終わり方が1番のお気に入りでしたよ。

    投稿日:2002/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット