なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて」 その他の方の声

ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて 文:かどの えいこ
絵:福原 幸男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2019年01月07日
ISBN:9784591161180
評価スコア 4
評価ランキング 26,613
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1959年、移民として24歳の筆者は夫と一緒にブラジルで2年暮らした。全く言葉がわからないが、ブラジル人たちとごちゃ混ぜになって暮らしてみた実話をもとに書いた初めての作品。
    たくさんの素敵な物語を紡ぎ出している作家の、意外な一面がたくさん見られる貴重な資料とも言える。

     ブラジルについたエイコは、下宿先の一家の9才の息子「ルイス」と一緒にサンパウロのあちこちを行ったり来たり。ルイジンニョと呼ばれるこの子は、勉強はさっぱりで、イタズラばかり。嘘をついて通知表に母親のかわりにサインをさせようとしたり、やりたい放題。エイコはイタズラ坊主に振り回されながらも、ブラジルの庶民の生活をいろいろ体験し、受け入れ、間違いや文化の違いにもめげずに、どんどん面白いことを吸収していく。みずみずしい感受性と、まだ荒削りな筆致が愛おしい。読者の自分も、同じ町で生活しているような気分にどんどんなっていく。

     後書きを読んで驚いたが、筆者は「自分が本を書くなんて、考えたこともなかった。」という。2冊目の本は、この作品から7年目に出たという。長い作家生活で、順風満帆のように勝手に思っていたが、人の人生はそんなに簡単ではないのだなと、改めて思った。
     ルイジンニョ少年とエイコとの生活のように、一筋縄ではいかないいろいろな出来事を乗り越えて、今があると思え、いろいろな時代に書かれた本を読める幸せをゆっくりと噛みしめました。
    昔の雰囲気と、今の暮らしが両方味わえる作品です。

    投稿日:2019/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット