まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくは本を読んでいる。」 パパの声

ぼくは本を読んでいる。 著:ひこ・田中
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2019年01月
ISBN:9784065142332
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,399
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きみはまっ白な紙だ

     白い、何も書かれていない紙があるとしよう。
     そこに色とりどりのペンでなんでも描いていく。うずまきだって、ギザギザだって、ただまっすぐな線だって。
     もちろん、ひらがなも漢字も、英語だっていい。
     子供たちの世界はそんな世界なんだろうな。
     書いても描いてもまだまだ描ける。
     児童文学者ひこ・田中さんのこの物語を読んで、そんな感想を持った。

     小学5年生になったばかりのルカという男の子がこの物語の主人公。
     大の親友安田くんとか幼馴染のナナとか転校生のカズサとか友達もたくさんいる。
     でも、ルカはこうも思っている。
     「幼くはないし、大人でもないってわけ」。
     だから、いろんなことが疑問だったりする。
     そのたびにインターネットで検索なんかする。
     ルカは昔の子供ではない、今の子供。
     そんなルカが家にある「本部屋」、そこは壁一面に本が並んでいるところ、でまだカバーがされたままの本を5冊見つける。
     どうも昔、お父さんかお母さんが子供の頃に読んだ形跡のある本みたい。
     それが『小公女』と『あしながおじさん』。
     ルカはこの2冊の本を読むながら、たくさんのことを考えていく。
     100年以上前に書かれた本を読むことの不思議、今出版された本ではなくお父さんたちの時代に書かれた本を読む難しさ。
     そんなこととか目にするさまざまなこととか、ルカの心の白いページはどんどん埋まっていくのがとってもうらやましい。

     きっとこの本は小学5年生の読者と年をとった読者とはちがう感想になるのだろうけれど、本はそんなことで不公平になったりはしない。
     いい本はその人にとってのいい本だから。

    投稿日:2019/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット