たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
加藤休ミが描くかわいくておいしい?!絵本

もくもくをつかまえた」 みんなの声

もくもくをつかまえた 作:ミカエル・エスコフィエ
絵:クリス・ディ・ジャコモ
訳:ヨシタケシンスケ
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年03月05日
ISBN:9784861013652
評価スコア 4
評価ランキング 21,738
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 相手を大事にすることって?

    相手を大事にすることって、どういうことなんだろう?
    このごろ、大人のひきこもりや、大人の自閉症、など人間関係で、相手とのコミュニケーションをとるのが困難な人の話題が、多く聞かれるように思います。
    相手には相手の人格や考えや好みがあるから、それを大切にしたいねというメッセージですね。

    投稿日:2019/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抽象的な内容ですが

    もくもくとは何か?
    雲のようであり、友達のようであり、ペットのようであり。
    ちょっと不思議な、抽象的なもくもくについて考えている内容でした。

    相手の気持ちを考えてみる・・・というテーマになるのかなと思っています。

    絵はすごく可愛くて、文字数は少ないのですが、「よく考えてみる」という点では、中学年、高学年向けかもしれないと思います。

    投稿日:2019/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな何かで もくもくしてる

    ヨシタケシンスケさんが訳された、フランス発の絵本です。
    原題はSi tu trouves un nuage。

    【あらすじ】
    きみが見つけた“もくもく”は、どうにも思い通りにはいかないもの。
    大事に抱えていたくても無くならないようしまっておきたくても上手くはいかないし、付き合い方も丁度いい距離のとり方も難しい。
    でも、“もくもく”はもくもくしたいだけだから、もし見つけたら「どうしたいのか」を一緒に考えてあげればいい。
    【薦めたい学年】 読み聞かせ 3・4年生
    【読み聞かせにかかった時間】 3分

    「もくもくは そらと じめんのあいだで
     きょうも もくもく してるんだ。」
    英語版が見つからないので、ヨシタケシンスケさんによる翻訳にしか目を通せていませんが、この一文がとても気になりました。

    もくもくは、大地に根をはるものでもなさそうですし、昇華したものとも言えないようです。 とにかく、手が届くようで届かない、そんなところに、もくもくもくもく、停滞する何か。

    この抽象的な“何か”に、こどもたちはどんな具体的モノゴトを当てはめられるでしょうか。 授業で使ってみるのが楽しみです。 本文自体は容易ですが、内容から小学校3・4年生への読み聞かせをオススメします。

    投稿日:2019/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • もくもくは、自由気ままに行動したいから、私には、もくもくと上手く

    付き合える方法がみつかりません・・・・・・

    もくもくは、空と地面の間で今日も もくもくしてるんだ。

    「もし もくもくが きのえだに ひっかかってたら・・・・・・・

    もくもくが どうしたいのか いっしょに かんがえてあげたら     
    いいんじゃない?」

    そんな簡単な答えになんだかほっとした私でした。

    つかまえようとすると逃げられてしまうから、もくもくの方が必要

    な時によってくるから、それまで見守っていたいなあと思いました

    投稿日:2019/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の心にも響きます

    雲の可愛らしいお話と思いきや、哲学的なストーリーで大人の心にも響く本です。育児中の私は雲を子供に置き換えて読んでみました。子供にはそのまま雲のお話として読んでも良いですが、雲を友達や兄弟、ペットに置き換えて考えてみてもらっても面白いのではないかと思います。
    絵のトーンがグレイッシュなので、全体的に曇りの日のような雰囲気です。

    投稿日:2019/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • さぁ!どうする?

    ヨシタケシンスケさん初翻訳の絵本のようです。
    もくもくした雲をつかまえたお話なのですが、嬉しい反面なかなか思い通りにはなりません。
    もくもくって、雲ばかりではなく人間関係も近いものがありますね。
    結構深い絵本だな〜と思いました!

    投稿日:2019/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / どうぶついろいろかくれんぼ / わらべうたであそびましょ! / おもしろい!進化のふしぎ 続々ざんねんないきもの事典 / それしか ないわけ ないでしょう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット