ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

もくもくをつかまえた」 ママの声

もくもくをつかまえた 作:ミカエル・エスコフィエ
絵:クリス・ディ・ジャコモ
訳:ヨシタケシンスケ
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年03月05日
ISBN:9784861013652
評価スコア 4
評価ランキング 21,907
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さぁ!どうする?

    ヨシタケシンスケさん初翻訳の絵本のようです。
    もくもくした雲をつかまえたお話なのですが、嬉しい反面なかなか思い通りにはなりません。
    もくもくって、雲ばかりではなく人間関係も近いものがありますね。
    結構深い絵本だな〜と思いました!

    投稿日:2019/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抽象的な内容ですが

    もくもくとは何か?
    雲のようであり、友達のようであり、ペットのようであり。
    ちょっと不思議な、抽象的なもくもくについて考えている内容でした。

    相手の気持ちを考えてみる・・・というテーマになるのかなと思っています。

    絵はすごく可愛くて、文字数は少ないのですが、「よく考えてみる」という点では、中学年、高学年向けかもしれないと思います。

    投稿日:2019/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の心にも響きます

    雲の可愛らしいお話と思いきや、哲学的なストーリーで大人の心にも響く本です。育児中の私は雲を子供に置き換えて読んでみました。子供にはそのまま雲のお話として読んでも良いですが、雲を友達や兄弟、ペットに置き換えて考えてみてもらっても面白いのではないかと思います。
    絵のトーンがグレイッシュなので、全体的に曇りの日のような雰囲気です。

    投稿日:2019/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / どうぶついろいろかくれんぼ / わらべうたであそびましょ! / それしか ないわけ ないでしょう / ころべばいいのに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット