新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

雪女」 パパの声

雪女 絵:伊勢英子
訳:平井 呈一
原作:小泉 八雲
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2000年
ISBN:9784039637406
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,982
みんなの声 総数 15
「雪女」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の私がぞくぞくしてきました

    児童書です。昔なじんだ小泉八雲の代表作。
    それにしても、自分自身がドキドキしてしまったのです。
    表紙の絵のぞくぞくするような怖さ。
    子どもはちょっと手に取るのに躊躇するのではないかと思いました。
    女の情念(ママさんたちごめんなさい)さえ感じさせる視線。
    男としていせさんの絵に感性的なものを感じてしまいました。
    伊勢さんの絵は凄過ぎます。

    お話は、小泉八雲の代表的な怪談。
    このことを誰かに話したら命をとると言って助けられた巳之吉。
    その巳之吉の前に、お雪という女が現れてお嫁さんに。
    十人の子どもに恵まれた巳之吉が、雪女に言われたことをたがえて昔の出来事を話してしまいます。
    ここのところで私は息をのんでしまいました。
    それほど、絵本の絵は緊張感があります。

    大人向けの絵本でしょうか。
    絵にするとこれだけ凄いことになってくる。
    子どもが男の子で良かったと、妙に言い訳がましい私ですが、女の子に読むのには勇気が要ります。
    低学年に読んだりしたら眠れなくなってしまうような絵本でした。

    投稿日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット