新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

歴史を変えた50人の女性アスリートたち」 ママの声

歴史を変えた50人の女性アスリートたち 著:レイチェル・イグノトフスキー
訳:野中モモ
出版社:創元社
税込価格:\1,980
発行日:2019年04月17日
ISBN:9784422753034
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,348
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 彼女たちのおかげで

    タイトルにひかれ、手に取りました。
    女性を閉め出していたスポーツ界において、圧倒的な能力と粘り強さで、記録と歴史を塗り替えた女性たちがたくさん紹介されています。
    知らない方が多かったのですが、みな素晴らしい能力を持った方ばかりでした。
    「彼女たちのおかげで、女性の体は弱いという神話が誤りであることが証明された」のセリフに感激。同じ女性として誇らしくもなります。
    同じシリーズで、アーティストや科学者バージョンもあるようなので、読んでみたいです。

    投稿日:2022/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歴史をかえる強さ

    今では当たり前のようになっている オリンピックの女子種目。以前は、女性がオリンピックにでることもできなかったなんて知りませんでした。
    何百年も前の話かと思ったら、意外に最近の話で驚きました。
    差別的な世の中をかえようと必死で頑張って、女性の道を切り拓いてきた人女性アスリート達のおかげで今があるのだと分かりました。
    その過程のなかで 男性のトップアスリートと勝負して勝つことで 実力を認めさせた女性アスリートもいて、圧巻です。 本当にすごい!

    投稿日:2019/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 差別や制約に慣れてしまってはいけない

    私はフィギュアスケートを見るのが好きで、女性ならではの魅力が発揮できるスポーツだなと思っていたのですが、19世紀のイギリスでは「女性は弱く、運動競技に耐えられない」と考えられていたそうで、競技には参加できなかった、とあり、「そんなにも弱いと思われていたなんて」と、びっくりというよりショックでした。マッジ・サイアーズさんというスケーターが、男性を押しのけて入賞し、女子の部が生まれたというエピソードは、同じ女性として「お前らホンマそういうとこやぞ!!」と何かわからないけど「国際スケート連盟に勝った!」と誇らしく思う気持ちでいっぱいになりました(笑)

    同じくフィギュアのクリスティ・ヤマグチさんは、リアルタイムで演技をテレビで見たこともあって興味深く読みました。キュートなお顔立ちと美しい演技は、それはそれは印象的で「ヤマグチさんて名前なのに、どうして日本代表じゃないの?」と残念に思った記憶があります。足のハンディのことは知らなかったので驚きでしたし、日系アメリカ人として、スケートで成功した彼女が、慈善事業に乗り出し、基金を立ち上げたという夢のあるストーリーは、スポーツから広がる可能性を感じてワクワクしました。もはや、前時代的な「弱くて耐えられない女性」のイメージはとっくに消え去って、強く美しく聡明なクリスティが全面に押し出されていました。

    女だから、とはなかなか言われない時代にはなりましたが、気づかないうちに差別や制約に慣れてしまっているところは、まだまだ否めない世の中です。なんとなく窮屈だったり、なんか嫌だな、という感覚を否定せず、諦めず、私たちも引き続き生きていきたいものだわ、と思いましたし、そういう考え方を息子達にも伝えていきたいと思いました。

    お話もさながら全編通してとても魅力的なのは、やはり可愛くてスタイリッシュなイラストで、絵だけ眺めてても楽しい一冊です。

    投稿日:2019/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほとんど知りませんでした

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    男性がただスポーツをするのと違い、
    女性の場合「女性は弱い」
    「家庭に入って育児や家事をしとけばいい」などという、
    偏見や差別とも闘いながらスポーツに取り組み、
    多くの人々に勇気や感動を与えてきたことを
    この本を読むまであまり意識していませんでした。

    NHKの大河ドラマでも出てくる
    人見絹江さんや前畑秀子さんのことも少し紹介されていて、
    「ああ、知っている」と嬉しくなりましたが
    この本に出てくる女性をほとんど知りませんでした。

    どの人の人生もドラマティックで、特に、
    20年にわたり男装してポロというスポーツをした
    スー・サリー・ヘイルの生き方は衝撃的でした。

    また、英仏海峡を最初に泳ぎ切ったガートルード・エダールの
    「私にできるわけがないと誰かに言われた時こそ、
    私がそれをやるときです」という言葉にはしびれました。

    この女性たちのおかげで、私たちもスポーツを楽しみ、
    スポーツ観戦から勇気や希望をもらえることに感謝し、
    ますますの女性の活躍への発展や進化を願っています。

    投稿日:2019/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気と信念に脱帽

    • サニーふうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子5歳

    オリンピックを控えて、ぜひおすすめしたい本です。失敗を恐れず果敢に挑戦し続けた彼女たちの勇気と信念に脱帽しました。

    子どもたち、とくに女の子たちが手に取ったら、強いあこがれを抱き、「わたしも夢をおいかけよう」と奮起することでしょう。未来のアスリートたちの背中を押してくれる、すてきな一冊だと思います。

    スポーツのさまざまな分野で活躍し、道を切り開いてきた五十人の話は、どれも強い気持ちがベースになっています。やりたいことを行動に移し、恐れずにチャレンジしていく精神がつたわってきて、元気が出てきます。

    後世の道を切り開いてきた彼女たちのストーリーを知った上で、今のスポーツ界を応援し、みんなでオリンピックを盛り上げていきたいですね。

    投稿日:2019/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいですね!!

    2020年は日本での東京オリンピック開催。
    アスリートの本はタイムリーですね!
    女性でもこんなに強くたくましい、素敵ですね。
    もちろんその裏には絶え間ない努力や葛藤があったことでしょう。
    多くの女性たちに勇気を与える1冊になるのではないでしょうか。

    投稿日:2019/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / よるくま / もったいないばあさん / おじいちゃんがおばけになったわけ / ちいさなあなたへ / モカと幸せのコーヒー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 8

全ページためしよみ
年齢別絵本セット