宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

のぞいてみよう しぜんかがく みず 」 みんなの声

のぞいてみよう しぜんかがく みず 絵・文:てづか あけみ
出版社:パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年05月20日
ISBN:9784756251824
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,475
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然科学絵本 「水はつながっている」

    全ページ試し読みで読みました。

    科学絵本です。

    水のしずくがとてもかわいく描いてあって、色彩も明るくて

    わかりやすくまとまってます。

    水はつながっている。

    切っても切ってもすぐつながる。

    はじまりは、雨。

    地球にある水のもとは、雨。

    水は、いろいろへんしんして、ぼくたちのまわりにあらわれる。

    水の循環や特性も楽しく学べる自然科学絵本です。

    投稿日:2019/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 興味深い発見がたくさんありました。

    全ページ、お試し読みで読みました。
    子供のための科学の本で、水をテーマにした絵本ですね。
    絵がとても明るくてかわいいのが印象的です。
    小さい人も読みやすく作られていると思いますが、
    数字で表されている事柄も多く、大人の私も知らないことがたくさんありまして、大変勉強になりました。
    繰り返し読んで、水の大切さを学びたい本だと思います。

    投稿日:2019/08/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • とってもグラフィカル

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     なかなか手に取りにくい科学ものですが、
    とてもきれいな絵を楽しみながら、水を学べる絵本です。
    触ること、流れること、降ってきたり、音をたてたり、いろんなこと。

     でも途中で、その絵の面白さや楽しさが、
    たくさん記された科学の理屈に、とうとう負けてしまいました。
    もう少し疲れない程度、絞った内容だといいのになぁ。

     ステキなイラストレーションに 感謝。

    投稿日:2019/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 役に立つ絵本です

    水は不思議ですね。

    水の科学っておもしろいね。

    どうしてこうなるのかなっておもっていると
    そこにはちゃんと理由があるんだね。

    大人にも知らなかったことがやさしく解説してあって
    よかったです。

    絵が主体の絵本ではなくきちんと解説してあるところが
    印象に残りました。

    投稿日:2019/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / よるくま / もったいないばあさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット