やだもん やだもん にこちゃんやー やだもん やだもん にこちゃんやー
作: ケロポンズ 絵: 原あいみ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おふろにはいりたくないにこちゃんが、「やだもん やだもん にこちゃん やー!」とおもしろかわいく逃げ回って…。

そらをとんだワンダ」 じいじ・ばあばの声

そらをとんだワンダ 作:小手鞠 るい
絵:たかす かずみ
出版社:マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2019年08月08日
ISBN:9784896379150
評価スコア 3.9
評価ランキング 35,941
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族

     ワンダが会う動物たちは、皆、家族連れでした。しまうま、キリン、ぞうの家族が描かれています。この絵本を子どもたちに読むときは、1ページずつゆっくり絵を見ながら読みたいです。動物たちの表情から、その気持ちが、子供にわかるように読んであげたいと思いました。自分だけ家族がいないワンダの気持ちや、もし自分だったら、と想像して欲しいと思います。そらをとんだワンダは、どうなったのか、子どもに聞いてみたいです。家族のすばらしさを思い出せてくれました。

    投稿日:2019/09/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぼうやとの再会

    全ページ試し読みで読みました。

    アフリカの草原で暮らすワンダが、昔一緒に遊んだぼうやとの

    再会で、自分の家族を探している旅ですっかり、時が過ぎてしま

    いました。ワンダは、年老いてよぼよぼになってしまい、ぼうやと

    再会しても目もかすんでほとんど見えなくなっていました。

    でもワンダの目に映っていたのは、遠い昔一緒に遊んだぼうやの

    姿でした。ぼうやとワンダが抱き合う場面は、感動しました。

    優しい絵もよかったです。

    投稿日:2019/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙の絵がすてきです

    草原のイメージが本物のようにかんじるくらいに
    うまく表現されていて感動しました。

    親からはぐれてしまったこどもが大きくなるのは
    むずかしいのですが、親に会いたい、兄弟に会いたいと
    思う一念が強くて立派なおとなになれたのだと感じました。

    おさない頃の想い出は決して忘れないと言われていますが、
    ほんとうにそうだと思いました。

    きっとワンダはそらのかなたで 親兄弟に会えたと思います。

    投稿日:2019/08/22

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(30人)

絵本の評価(3.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット