しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かみなのに」 みんなの声

かみなのに 作:たにうち つねお
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2019年07月30日
ISBN:9784477031699
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,384
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 紙 毎日の生活の中にいろんな紙が使われています
    折り紙だったり 包装紙だったり メモ紙だったり
    新聞紙だったり 広告の紙だったり
     
    私たちの 日常生活に欠かせない紙 

    その紙が この絵本では 魔法のように 跳んだり のびたり 

    そうそう 段ボールも紙でできていて とっても 重宝されています

    荷造りの時には 物が動かないようにしたり いろんな使われ方をして 魔法のように変化します
    すごいな〜!

    この絵本見たら やってみたくなるので〜す

    投稿日:2020/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • やってみたい

    子どもに見せるとやってみたい!と食いつきそうな絵本でした。私は思わずワクワクさんを思い出してしまいました笑
    今の時代だとノージーのひらめき工房でしょうか?子どもは工作が好きなので楽しめると思います。一緒に作ったりと楽しく親子遊びができそうです。
    絵本の中では白い紙を使っています。この白い紙をどんな風にしようか?と子供の想像力を活かして様々な作品作りが出来そうだなぁと思いました。

    投稿日:2019/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 紙の性質

    昔よくにた内容の絵本がありました。『白い紙のサーカス』だったでしょうか。紙が折り方によって、とても強くなったりすることを知りました。この絵本も、その点はよくわかります。また、実際にやってみたくなります。タイトルのセンスなんかは、個人的には前述の方が好きかな…

    投稿日:2020/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙ってすごい

    全ページ、お試し読みで読みました。
    この絵本では、紙の性質を利用して、
    力や動きを出す方法がていねいに解説されていました。
    とても面白いです。
    この性質を利用したものを見つけたり、
    親子で工作なども楽しそうだと思いました。
    裏表紙の工作は簡単で可愛いですね。

    投稿日:2019/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『しろいかみのサーカス』『かみちゃん』も衝撃的でしたが、
    仕掛け仕立てですごい!をさらに体感できます。
    紙のすごさを、写真や切り絵などで紹介しています。
    この切り絵もなかなかのクオリティ。
    その驚きを代弁してくれます。
    はねる、のびる、こわい、ちからもち、かたい。
    この視点もワクワクですね。
    もちろん、小さい子から体験できそうです。
    良質の科学絵本だと思います。

    投稿日:2019/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙の立体感が面白いです。

    工作絵本。
    一部写真のコサージュ作品でしょうか?
    紙の立体感が妙にリアルで面白いです。
    「はねる」「のびる」「こわい」「ちからもち」「かたい」を、
    小さな子でもできる工作で教えてくれています。
    この絵本を読んでから子どもたちと工作会をやったらもっと楽しそうですね。

    投稿日:2019/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かみなのに

    表紙のそでに「かみなのにはねる!のびる!こわい!ほんとかな?」と書かれていたので、てっきり髪の毛のお話かと思いました。でも、違いました。紙のお話でした。
    紙って、おもしろいですね!
    工夫次第ではねるしのびるしこわいし。本当に、表紙のそでに書かれたとおりでした。
    まさに、「かみなのに」でした。

    投稿日:2019/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議さをうまく表現してるな

    みんなのまわりにいつでもどこにでもある【かみ】が
    主人公の絵本ですネ。

    何げなくいつもみている紙ですが、よーく考えてみると
    いろんなところで大活躍しているのですね。

    うまく紙の性格を利用して生活にはなくてはならない
    必需品ですね。

    その大切さや 不思議さをうまく関心を持ってもらおうと
    した点がとっても いいなと 思いました。

    投稿日:2019/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴょ〜ン♪

    明るい黄色の表紙に、心が弾みます。

    実際に、自分でも紙でやってみると、


       紙を丸めて

       おって

       おさえて   

       せーの!

            ぴょ〜ん♪

            はねた!


    もう感動です!

    子供のように驚き、感激して、喜べました。

    投稿日:2019/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • すぐにやりたくなります!

    「紙」の遊びの紹介で
    特性を十分に活かされて
    こどもの興味を引く作品になっています

    すぐに真似して
    やってみたい!
    と、思わせてくれます

    こんな単純なことでも
    紙の不思議にも、気付く筈

    この原理で、いろいろなものが
    作られていたりしてますので
    知っていて損のない
    生活に沿った内容かと思います

    紙の変化といっしょに
    イラストも
    イメージしやすいです

    「知識」系の絵本として
    「あそび」として
    ぜひ、楽しんで、楽しんでほしい作品です

    投稿日:2019/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 1
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 10

全ページためしよみ
年齢別絵本セット