話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

新装版わたし クリスマスツリー」 みんなの声

新装版わたし クリスマスツリー 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2006年10月
ISBN:9784061323377
評価スコア 4.24
評価ランキング 20,756
みんなの声 総数 16
「新装版わたし クリスマスツリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • じんとくる絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    クリスマスの素敵な絵本を探していて出会った本です。
    佐野洋子さんの絵本ということで、期待をして読み始めました。
    読み終わって、さすが!!と思いました。
    街で素敵なクリスマスツリーになりたかったモミの木、根っこを抜いて一生懸命走る様子に、なんとか望みが叶えばいいのに・・・
    列車に乗り遅れ、泣きながら元の森へ帰って来たモミの木を優しく迎える動物、木に心が温かくなりました。
    動物達のクリスマスツリーになったモミの木。最後はみんなで静かにクリスマスの歌を歌いますが、どんな気持ちだったのかな?

    モミの木が自分の姿のようにも思えるし、また自分の子供のようにも思え、森の動物達の気持が親心に感じ、味わい深いです。
    クリスマスの名作絵本といっても良いと思います。

    投稿日:2011/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 根を張って生きる

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    町のきれいなクリスマスツリーになりたいと、あこがれてる小さなもみの木。
    ある日根を抜いて走ります。しかし、町へ行く便には間に合わず・・。
    とぼとぼと元の場所へ帰ってきます。
    戻ってきたもみの木を皆が暖かく迎えてくれます。

    読みながら、物事に根を張って取り組むことの大事さ、
    その場所に、文句を言わず思いやりをもって生きていくことの大切さ
    ということを、ふつふつと考えました。
    ふるさとを出て行く若者にたとえられてた方がいましたが
    ああ、そういう風にも取れるなあと思いました。
    読み手に大切なことを思い起こさせてくれるような一冊です。

    子供よりも、大人のほうが色々感じることがあるでしょう。
    佐野さんの「100万回生きた猫」「おじさんの傘」にも負けない名作だと思います。

    投稿日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢が叶わないクリスマス。

    この作品の価値を実感するには、いろいろな経験をする必要がある。かなり高度な内容なので、子供が楽しめるかどうかは疑問です。最後の、みんなの力で出来上がったツリーは味わい深いけど、もみの木自身はどう思っているのか…。はじめは鳥の巣を作られることを断っていたので、内心では不満なのでは?と思ってしまいます。
    何かを必死に求めても、それが思い通りに手に入るとは限らないわよ、と手厳しくはねのけるような印象を持ちました。
    もみの木の必死さが痛々しい。
    クリスマスぐらいは、夢をみてもいいんじゃない?と思った作品です。

    投稿日:2020/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰る場面がある

    佐野洋子さんのクリスマス絵本。おそらくファンタスティックなものではないだろうと思っていましたが、期待していた以上に深い物語でした。

    クリスマスツリーになりたくて仕方ない積極的なもみの木。
    どうしてもその願いを叶えたいもみの木は、まわりの声も聞かずに、自ら木を引き抜いて町に走り出します。
    でも、その願いは叶わずに、元居た場所へ帰るもみの木。
    傷心のもみの木に、まわりが優しく寄り添ってくれているのをみて、
    こうして帰る場所があるというのは幸せなことなのだなぁと感じました。
    クリスマスシーズンに限らず、何度も繰り返し読みたい物語です。

    投稿日:2020/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  •  クリスマスの絵本はたくさんありすぎて困ってしまう。
     ましてやあの佐野洋子さんもクリスマスの絵本を描いていたなんて知らなかった。
     でも、さすがに佐野さんだけあって、かわいい、美しい、胸キュンの絵本とは少し違う。

     物語の舞台は山のふもとの雑木林のなか。
     一本のもみの木が主人公。
     その隣で大きな年とった木が「木はしっかり根を広げて倒れるまでそこにいるもの」と教えるのだが、もみの木はきれいな町でクリスマスツリーになることばかり夢みていた。
     だから小鳥やリスがいくら言っても話をきかない。
     町に行く貨物列車を見つけては何を載せているのか気になって仕方がない。

     そしてある日、ついにたくさんのもみの木を運ぶ貨物列車を見つけて、もみの木は自ら根っこひっぱって、貨物列車のあとを追いかけた。
     クリスマスツリーになることを夢みて。
     でも、もみの木をおいて列車は行ってしまったあとだった。
     泣きながら雑木林に帰るもみの木に、白い雪が降ってきて、もみの木は白い化粧をほどこしたようになる。
     そんなもみの木を森の仲間たちは暖かく迎えてくれる。
     そして、もみの木がなりたかったように、きれいな飾りつけをしてあげた森の仲間たちは「きみはすばらしいクリスマスツリーだ」と言ってあげた。

     本当にこれでいいのだろうか。
     こんなわがままなもみの木を森の仲間たちは簡単に許していいのだろうか。
     最後にもみの木が「わたし、クリスマスツリーになるためにうまれてきたの」と言うのだが、佐野さんは「小さな声でいった」と書いた。
     佐野さんの気持ちがなんだかわかったような気がした。

    投稿日:2017/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を追いかけて!

    「わたしは、クリスマスツリーになるの」と、ずっと町のクリスマスツリーになるのに憧れて願いが叶うようにずっと夢見てきたもみの木にはなりたいことがあって素敵なことだと思いました。根っこを引き抜いて走っているもみの木は、やるだけのことはやったんだからきっと後悔はしてないと思いました。もみの木には心配してくれる森の仲間たちがいて動物たちのクリスマスツリーになれたのだから、温かく迎えてくれる仲間たちがいてよかったと思いました。回り道をしても自分の居場所が見つけられてよかったと思いました。

    投稿日:2017/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない。。。

    佐野洋子さんが描くクリスマス絵本ということで、きっと只者ではないはず、、、などと思いながら手に取りました。
    華やかさに憧れ、「わたしクリスマスツリーになるの」と言い続けたもみの木。夢を叶えたくて、自ら森を離れてみるのですが。。。
    ラストには本当の居場所を見つけるもみの木ですが、大人が読むと、やはりちょっと切なくなりますね。

    投稿日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • もみのき

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「わたしクリスマスツリーになるの」と始終言っているもみのきのお話。
    ここまで一途に願い続けるもみのきの願いが叶うといいなと思いながら読みました。
    ただじっとしているだけではなく走りだしたりしたのには驚きました。
    もみのきにとってクリスマスツリーになるということは最大の栄誉なのかな?

    投稿日:2014/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園のもみの木は・・・?

    4〜5歳児に読みました
    佐野洋子さんのクリスマスツリーは、なんときれいなツリーになりたくて、もみの木そのものが根っこを抜いて動いてしまうのです
    でも子どもたちはぽかんとした様子で「幼稚園のもみの木はうごかないの?」
    なるほど・・・「もしかしたら皆が帰った後、動いているかもしれないね・・・」
    お星様ももみの木のてっぺんに輝くと、ずっとそのままなのが不思議だった用です
    子どもの想像力って、計り知れないな〜と感じました
    もうすぐ幼稚園でも飾り付けをするので、気持ちも高まりました

    投稿日:2012/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を追いかけて

    私は、もみの木が、夢を追いかけている若い人に思えました。

    周りの反対を押し切って街へと向かう様子が、夢を見て都会へと出てくるようです。

    根っこを抜いて行く様子は、「地に足がついていない」とでも言えるでしょう。

    夢が叶わずに、帰ってきた元の場所で、もみの木は温かく迎えられました。
    そのことに、とにかくほっと安堵しました。

    クリスマス時期に関係なく、深いお話だと思いました。

    投稿日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット