話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新装版わたし クリスマスツリー」 パパの声

新装版わたし クリスマスツリー 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2006年10月
ISBN:9784061323377
評価スコア 4.24
評価ランキング 20,736
みんなの声 総数 16
「新装版わたし クリスマスツリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  クリスマスの絵本はたくさんありすぎて困ってしまう。
     ましてやあの佐野洋子さんもクリスマスの絵本を描いていたなんて知らなかった。
     でも、さすがに佐野さんだけあって、かわいい、美しい、胸キュンの絵本とは少し違う。

     物語の舞台は山のふもとの雑木林のなか。
     一本のもみの木が主人公。
     その隣で大きな年とった木が「木はしっかり根を広げて倒れるまでそこにいるもの」と教えるのだが、もみの木はきれいな町でクリスマスツリーになることばかり夢みていた。
     だから小鳥やリスがいくら言っても話をきかない。
     町に行く貨物列車を見つけては何を載せているのか気になって仕方がない。

     そしてある日、ついにたくさんのもみの木を運ぶ貨物列車を見つけて、もみの木は自ら根っこひっぱって、貨物列車のあとを追いかけた。
     クリスマスツリーになることを夢みて。
     でも、もみの木をおいて列車は行ってしまったあとだった。
     泣きながら雑木林に帰るもみの木に、白い雪が降ってきて、もみの木は白い化粧をほどこしたようになる。
     そんなもみの木を森の仲間たちは暖かく迎えてくれる。
     そして、もみの木がなりたかったように、きれいな飾りつけをしてあげた森の仲間たちは「きみはすばらしいクリスマスツリーだ」と言ってあげた。

     本当にこれでいいのだろうか。
     こんなわがままなもみの木を森の仲間たちは簡単に許していいのだろうか。
     最後にもみの木が「わたし、クリスマスツリーになるためにうまれてきたの」と言うのだが、佐野さんは「小さな声でいった」と書いた。
     佐野さんの気持ちがなんだかわかったような気がした。

    投稿日:2017/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせとは何か考えさせられます

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    きれいな町でクリスマスツリーになりたいと願う、山のふもとの雑木林に立つもみの木。そう願うばかりに、根っこを土から引き抜いて、もみの木を載せた列車を追いかけるもみの木。きれいな町でクリスマスツリーなるのと、雑木林の中で動物たちのクリスマスツリーになるのとどちらが良いか。いろいろなしあわせのカタチがあるのだなぁと考えさせられます。奥深い一冊です。

    投稿日:2007/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット