オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

ジャイアント・ジョンなかなかよいと思う みんなの声

ジャイアント・ジョン 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:福本友美子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784579404278
評価スコア 4.23
評価ランキング 18,090
みんなの声 総数 12
「ジャイアント・ジョン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジョンとお母さん以外は小さいので…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    「魔法の森」や「妖精たち」の登場と、おとぎ話のような出だしでお話が始まるのに、家に帰ったジョンを待っていたのは、ポテトチップス!?この時代的イメージのギャップがすごいです!
    ジャイアント・ジョンの姿配置も画面にいっぱいに描いてあるので、遠目でもよく見えますが、ジョンとジョンのお母さん以外はみんな小さく描いてあるので、よ〜く見ないとうっかり見逃してしまう人物やしぐさもあるかもしれません。

    個人的にはうっかりお城を壊してしまったジョンが、おもちゃの積み木のように建て直ししているシーンが好きです。
    特に犬の手当てをしている妖精たち、可愛いです。

    5,6歳くらいから、小学校中学年くらいのお子さんたちにおススメします。

    投稿日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寛大な王様一家が素敵♪

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    子どもの頃から大好きな外国の絵本作家ナンバー1のアーノルド・ローベルさん♪
    今、ちょうど、2年生の次女が、国語で「ふたりはともだち」の「おてがみ」を勉強していて、毎日音読してくれるので、家にあったローベルさんの絵本を片っ端から読み、それでも足りずに、図書館から未読のこれを借りてきました。

    知らないな〜と思ったら、1964年初版の古典絵本でありながら、日本での出版は2004年!比較的新しい絵本なんですね?!(ジュンイチさん、情報ありがとうございます♪)

    ジャイアント・ジョンは、まほうのもりに、お母さんと住んでいる、大きな大きな男の子。
    家にお金がなくなり、食べ物に困ったお母さんを助けようと、働きに出たジョンは・・・???

    自分たちと少しでも違うと排除したがる人間が多い中、ジョンが出会った王様一家(王様&お妃様&お姫様)は、大巨人のジョンを見ても怖がったり、戦ったりするどころか、とても友好的で仕事までさせてくれます。
    わざとではないにせよ、お城を壊してしまったジョンを責めたり、追い出したりせず、その寛大さにビックリ!

    直したお城の形や、お腹をすかせたお母さんが食べようとしていた「とあるもの」に大爆笑。やはり、ユーモアのセンス抜群のローベルさんです♪

    巨人と妖精たちと王様一家というコントラストも楽しく、絵もユーモラスでかわいいです♪

    でも、ラストがちょっと、強引にまとめてしまった感があり、まほうの音楽が、もっと何かに役立つ終わり方だったらよかったのになあ、とも思います。

    投稿日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しいお話です

    アーノルド・ローベルだったので読んでみたいなあと思いました。

    昔話風のお話だなあと思いました。

    息子は読み聞かせ中に、ジョンが口を吹いてお城に風を送ると「つばが飛びそう」「お城なのに人が少ない、大臣もコック長もいない」と言っていました。

    毎日読んでいる王さまシリーズの影響だと思いますが、こじんまりした王国だなあと思いました。

    そしてジョンが壊れたお城を直すのですが、これでいいのかしら?と思ってしまいました。

    王様たちが鷹揚な性格でよかったですね。

    絵がローベルらしいし楽しいお話ではあります。

    投稿日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ローベルらしい絵

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1964年初版の古典的絵本で、日本では2004年8月に翻訳されたもの。
    作者は、コルデコット賞を受賞したアーノルド・ローベルです。

    物語は、むかしむかし、魔法の森にジャイアント・ジョンという大きな男の子住んでいました。という書き出しで始まります。
    家にお金が無くなったので、ジャイアント・ジョンが自分の体を活かして仕事をするのですが、淡々と物語が展開してしまうので、物足りないと感じる人がいるかも知れません。

    「おかあさん、ただいま。
    おかねを もってきたよ!」
    とジャイアント・ジョンは帰ってくるのですが、おかねを得るという行為にもう少し重みを持たせて欲しかったと思います。 
    おかねに関することだけに、正直手放しで喜べないと感じてしまいました。

    投稿日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット