もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

なぞなぞのすきな女の子自信を持っておすすめしたい みんなの声

なぞなぞのすきな女の子 作:松岡 享子
絵:大社 玲子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1973年02月10日
ISBN:9784051046125
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,434
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • なぞなぞ苦手でも

    小学校低学年向けのとても読みやすいおはなしでした。
    息子はなぞなぞが得意では無いのですが、このおはなしのオオカミがなぞなぞに答えられない場面では「なんでー!?」とうれしそうに突っ込みながら読んでいました。
    なぞなぞが楽しかったようで、この本を読んだ後には、なかなか理解できない息子オリジナルなぞなぞブームがきました。

    投稿日:2019/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本を読む醍醐味

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    なぞなぞ遊びが好きな息子たち。
    しかも、どちらかと言えば
    自分がなぞなぞを考えて出すのが好き。
    3歳の息子も6歳のお兄ちゃんのまねをして、
    なぞなぞとよべない難しい意味不明ななぞなぞを出してくる。

    ハラハラ、ドキドキしながら
    最後はほっとできる、
    これこそ本を読む醍醐味。
     
    ちょっと長いお話も聞けるようになってきた子への
    童話のとっかかりにおすすめ。

    投稿日:2018/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児におすすめ

    5歳くらいの子におすすめだと思います。

    会話が楽しいので、巻末にも作者の松岡さんが紹介されているように、小さな人形劇にしてもいいと思いました。

    なぞなぞを答えて楽しむというよりは、女の子の楽しそうな感じ、オオカミの間抜けな感じ、お母さんと娘さんの穏やかな生活の感じ、などを楽しむ本です。

    投稿日:2017/09/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • すこしハラハラしながら・・

    4歳になって再び読んでみました。
    以前と比べて、娘の反応がはっきり伝わってきました。

    おおかみに食べられはしまいかと、なんだかハラハラした気持ちをもちながら読みすすめました。女の子が1枚も2枚もおおかみの上手をいってくれるので、最後はほっと安堵します。

    投稿日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間がぬけたオオカミさんに感謝です!

    とにかく、私はおなかを空かせたオオカミに女の子が出会ってしまいドキドキでしたが、なぞなぞの好きな女の子が落ち着いて賢く対処しているので感心してしまいました。孫たちも、なぞなぞが大好きなので、嫌がっていないで孫たちに付き合いたいと思いました。まだまだ、この絵本のようになぞなぞは上手く出せない孫たちですが、なぞなぞブームにはまったときには、私も一生懸命に考えて答えてやりたいと思いました。

    投稿日:2016/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ本ではありません

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    なぞなぞが好きな娘に。なぞなぞが載っていると思って手にとりました。予想と違い、なぞなぞは少しなのですが、女の子と狼のなぞなぞ勝負?のようなストーリーがおもしろかったです。4歳にはけっこう長いかと思いましたが、最後まで楽しめたようです。

    投稿日:2016/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞをやってみたくなりました。

    絵本ナビや こちらのレビューを拝見して、
    50代後半の私も読んでみたくなりました。

    1973年〜からあったのに、
    もっと早く出会いたかったです。
    絵本より 分厚く
    幼年童話、児童書になるんでしょうか、
    そろそろ4歳の孫にもいいかもしれませんね。

    なぞなぞって
    大人になったら
    それを楽しむ 子ども心を忘れていました。

    女の子、おおかみ、うさぎ、おかあさん、
    それぞれの様子が描かれて、
    私も なぞなぞをやってみたい、
    頭を働かせて 考えてみたい、
    表紙裏のなぞなぞも
    私にとってはむつかしいものもあり、
    ちょっと くやしかったです。

    ストーリーはおもしろく
    長いようでもすんなり読めました。

    投稿日:2015/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手作りの指人形をつかって

    こちらの作者コンビの作品『みしのたくかにと』が親子で大好きです。こちらもまた、かわいくて楽しいおはなしで、一人読みができるようになった子にぴったりの児童書だと思います。
    なぞなぞ遊びが大好きな女の子が、いつも相手をしてくれるお母さんから、「だれか違う人を捜して」と言われて、森で出会ったはらぺこのおおかみになぞなぞを出します。ぜんぜん答えられないおおかみのまぬけな様子がおかしくて笑えます。
    このおはなしは手作りの指人形を使って一人芝居をしながら語ることができるそう。いつかやってみたいと思います。

    投稿日:2015/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉しかったです♪

    私が小学生のころ、大好きで、何度も何度も読んだ本です。
    なぞなぞで、おおかみをやっつけてしまう女の子のお話なのですが、
    そのたくましい姿に、小さい頃からほれていました♪
    4歳の娘によんだところ、娘も気に入ってくれました。
    今まで読んでいた絵本に比べると、だいぶ長い本なのですが、
    楽しいお話だからか、ずっと集中してみてくれていました。
    なぞなぞを一緒につくったりして、読み終わった後も、楽しめる
    絵本です♪
    いい本は、いつ読んでも、いい本なんですよね!!
    私の好きだった本を、娘も気に入ってくれて、ほんとにうれしかった
    です♪

    投稿日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘は気に入ったようです!

    5歳幼稚園年中さんの娘に,幼年童話を読み聞かせたいと思い購入しました。
    女の子とオオカミがしりとりをするお話ですが,この絵本の主人公の女の子が怖いはずのオオカミにも動じない態度が,大人の私にはとても滑稽で面白かったです。
    我が家の娘は,とても真剣に聞き入り見入っていました!
    お母さんとのお昼ご飯のサラダについてのなぞなぞには「トマト!」とはりきって参加していた我が家の娘です(笑)。
    うさぎも登場するのですが,このうさぎもなかなか味がありよかったです。
    我が家では購入した数日のうちに何度も読み聞かせをせがんできた本の1つになりました。
    読み聞かせには少々長いので親は大変かもですが,そろそろ幼年童話をと思うお子さんにはぴったりの絵本だと思います。
    特に女の子にはいいかもですね!

    投稿日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / とんことり / おおきなかぶ / おばけのバーバパパ / にんじゃなんにんじゃ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット