しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

なぞなぞのすきな女の子なかなかよいと思う みんなの声

なぞなぞのすきな女の子 作:松岡 享子
絵:大社 玲子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1973年02月10日
ISBN:9784051046125
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,481
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なぞなぞは観察力

    56ページで字は少し小さめだけど 6歳の息子は一気に読めました。
    読みやすい本だと思いました。

    息子もなぞなぞが大好き。
    問題を作るのに苦労していたこともありました。
    この本を読んで なぞなぞ作りのヒントを得られたと思います。
    なぞなぞって観察力が必要なんですね。

    息子もなぞなぞ好きの女の子みたいにかしこくなりますように!!

    投稿日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • なぞなぞが好きなら、男の子でも!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    これは、2つ下の妹が子供の頃持っていたなつかしい本。(絵本というよりは童話かな?)古本屋さんで見つけたので、迷わず買って来ちゃいました。何気なく本棚に入れといたら、さっそく長男が見つけて読んでました。(だって、いかにも読みたくなる題名でしょ?)私も、すっかり忘れてしまったので、読み直しました。(童話といっても、絵が多く、会話文も多く、内容も楽しいので、あっという間に読めちゃいます。)
    なぞなぞがすきな女の子は、なぞなぞあそびの相手を探しに森へ行き、ばったり出会ったはらぺこオオカミに、なぞなぞを出します。なぞなぞの答えがわからずに、考え込んでしまったオオカミをおいて、女の子はさっさと家に帰ってしまいますが・・・。
    小さな子でも楽しめる、易しいなぞなぞがたくさん出てくるので、4,5才くらいからおすすめします。

    投稿日:2003/01/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • さらりと読めます

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳、年長の長男に読みました。

    森の中でおおかみに食べられそうになった女の子が、なぞなぞを出しておおかみと対決するお話です。

    なぞなぞは決して難しくないのですが、おおかみの間抜けさが面白いようで、長男は結構気に入っていました。

    ちなみに近所の小児科に置いてあったのですが、待ち時間に読み終わってしまいました。すいすい読めます。

    投稿日:2014/10/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自由ななぞなぞ遊びが楽しい

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    なぞなぞといっても、こんなに自由ななぞなぞなら、自分でもいくらでも考えられそうですね。
    おおかみと女の子のやりとり、女の子とお母さんのやりとりが楽しかったです。
    女の子のちょっとした冒険に、ハラハラさせられますが、女の子はちっとも怖がっていないというか、怖さをわかっていないころが、おもしろかったです。
    男の子でも大好きで、久しぶりに読むと、そのたびに真剣に考えていました。

    投稿日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもが大好きな世界

    なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好きな世界ですよね。
    おうちを飛び出して、一人で探検するのも!

    うちは男の子兄弟ですが、喜んで聞いていました。
    こんななぞなぞあり!?と思う場面もありますが、
    子どもの自由な発想は、大人も一緒に
    大切にしていきたいなとも感じさせられました。

    私もあれやこれや、考えながら、なぞなぞを出すのが
    好きになったきっかけのお話です。

    投稿日:2018/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめての童話の読み聞かせ

    小学校での読み聞かせはいつも絵本だったので、たまには童話を・・・と思い、童話にしては読みやすく絵もたくさんあるこちらの本を選びました。

    3年生のクラスで読みましたが、読み聞かせの時間が10分だったので読み切れず、15分経ってしまいました。最後の方はかなり早口になってしまった事が悔やまれます。
    短い時間での読み聞かせには向いていないかと思います。

    内容はとても良いです。
    なかなかなぞなぞの答えが分からないオオカミは笑えますし、オオカミを恐れない女の子がとてもかわいらしいです。

    投稿日:2016/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞが載っているのではない。

    ちょっと想像と違ったけど、物語として楽しかったです。
    読後、「女の子とうさぎが出会えたらいいのにね。」と感想を言った息子。
    でも、よく見ると表紙で仲良く遊んでるぞ!?仲良くなれそうなお友達に会えて良かったねー。
    この本を読んだら、なぞなぞのハードルがだいぶ下がりました。まだ息子は年長だし、簡単ななぞなぞでじゅうぶん楽しめるって気づかせてもらえました。

    投稿日:2016/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頭の体操

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    久しぶりのなぞなぞに私自身がいい頭の体操になりました
    「考える」って大事なことですね
    女の子のお母さんの気持ちもわかりますが、その子の機転で狼を撃退してしまうのは、やはり気持ちの良いもの
    ほめてあげたいです
    作者のあとがきで知ったのですが、オムレツを食べたことでお話はおしまいだったとか・・
    その先は子供たちの要望にこたえたんですね
    それにしても、なんだかしつこいけど間抜けな狼でした

    投稿日:2012/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいなぞなぞ

    題名に惹かれて思わず借りてきて読みました。
    お母さんとなぞなぞをしていた女の子が
    今度は森になぞなぞの相手をしてくれる人を探しに行きます。
    簡単ななぞなぞで下の子も参加して聞いてました。
    最後どうなるかちょっとドキドキもあり
    楽しんで聞いてました。
    絵が多いので年少の下の子も最後まで楽しく聞いてました。
    絵本を読んだ後も自分達でなぞなぞの続きをしたくなる
    かわいい絵本(童話かな)です。

    投稿日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校低学年にオススメ!

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    女の子を食べたいオオカミと、食べられてたまるものですかと知恵を発揮する女の子の駆け引きが楽しいです。この本に出てくるオオカミは、意外と抜けていて憎めません(笑)。また、途中でオオカミに関わる子ウサギの様子も楽しく、読者(聞き手)を飽きさせません。

    なぞなぞの好きな女の子が主人公ということで、読んでみるまでは、佐々木マキさんの「なぞなぞライオン」とちょっとテーマがかぶる印象がありましたが、松岡さん・大社さんコンビならではのほのぼのとしたお話の世界を満喫いたしました! 女の子を温かく見守るお母さんの存在感も大きいですね。
    絵が多め&カラフルで、字の分量とのバランスがいいです。絵本から児童書へ移行しつつある時期のお子さん(小学年低学年くらい)にオススメです。わが家でも好評でした。

    PS.見返しのなぞなぞは、ちょっと難しかったですが…。(答えつき)

    投稿日:2007/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / とんことり / おおきなかぶ / おばけのバーバパパ / にんじゃなんにんじゃ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット