話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ほら、ここにいるよ このちきゅうで くらすためのメモなかなかよいと思う みんなの声

ほら、ここにいるよ このちきゅうで くらすためのメモ 作:オリヴァー・ジェファーズ
訳:tupera tupera
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2019年09月30日
ISBN:9784593100231
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,463
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと難しいかな・・・

    このちきゅうでくらすためのメモが

    サブタイトルです。

    難しいように感じますが、

    読むと分かりやすく描かれています。

    ただ壮大すぎて、

    小さい子には難しく感じる・・・というか

    何が言いたいのか伝わりにくいかもしれません。

    大人の私でもあまり興味が湧きませんでした。

    投稿日:2020/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子へのメッセージ

    『HERE WE ARE :Notes for Living on Planet Earth』が原題。
    なんと、tupera tuperaさんが訳出しています。
    このちきゅうで くらすためのメモ、と副題にあるように、
    生まれてきた息子へ、この世界がどんなものかを語るメッセージです。
    星に関心のある作者らしく、いきなり天体のことから解説です。
    地球のこと、生き物のこと、人間のこと。
    親として、息子に教えたいことがいっぱいある印象です。
    生まれてきた赤ちゃんの無限の可能性も感じます。
    小学生くらいから、この包み込まれるような世界観、感じ取ってほしいです。

    投稿日:2020/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球を近くに感じる

    地球ってどんな感じ?
    そこに生きる生き物は・・・?

    詳しく書かれている訳ではありませんが、地球の成長、そして現在の地球のあり方や、そこに生きる、人間を含めた全ての生き物達のつながりを感じるお話でした。

    優しく語りかけてくる文章が、とても読みやすいと思いました。

    投稿日:2019/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • みらいへつなぐ、きみたちへ。

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     おーきなはなし。ひろーいはなし。
    いーっぱいのはなし。
     きみが生まれた、地球のおはなし、人間のおはなし。
    陸や空や海、動物や人間、昼や夜、大都会や大自然のこと。
    いいこと、こまったこと、あまりにいーっぱいありすぎて、
    時間はあーっという間になくなるぞ。

     それでもきみができること、まだまだいーっぱいある。
    きみの生まれた星、地球はたった一つ。
    はだの色も話すことばも、いーっぱいいろんな人いるけれど、みーんな人間。みーんな同じ地球のなかま。

     HERE WE AREって、いいね。ひとりじゃ、ないね。

     アーティスト・オリヴァーに、感謝。
    すてきなメッセージを、ありがとう。

    投稿日:2019/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • この広い世界で君のそばに

    「ほら、ここにいるよ。」は今の時代、携帯電話を駆使すれば割と容易いことなのかもしれないが、わたしは以前もっとアナログな「ここにいるよ。」という愛情のこもったメッセージを受け取ったことがあり、感動的な体験だった。その多くは言葉にならないものだったかもしれない。
    でもまた最近は、やはり人の声の温もりに嬉しさが増すのを実感している。より身近に感じられる「ここにいるよ。」に対してさらに前進したいのだけど、どうしたらいいのだろうと思う。
    困った時は世界の多くの人たちに問いかけていくことの大切さをこの絵本は示唆している。そして、見つけたことはちゃんとメモに残すようにと子供たちにやさしい語り口で伝えている。
    素直な目で世界を見たら解決の糸口も見つけられるのだろうか?答えてくれる優しい人たちと顔をつき合わせてしゃべれる日を楽しみに待ちたい。そんな希望を灯す一冊だ。

    投稿日:2019/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうにかなる

    この絵本はまず、私たち生き物はちっぽけな存在なんだ、と言います。だって、宇宙はこんなに広くて星は数えきれないほどあって、地球はその中のほんの小さな星で、私たちはその小さな地球のさらに小さな存在だから。
    でも最後にささやくのです。
    それでも大丈夫!
    助けてくれる人が必ず現れる。
    君の周りにはたくさんのいろんな人がいるから。
    君は一人ではないんだから。
    どうにかなると、教えてもらっている気分になりました。

    投稿日:2019/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 絵本 地獄 / みらいのえんそく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット