オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

おもいおいも」 みんなの声

おもいおいも 作:木坂 涼
絵:どう なつみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2019年09月18日
ISBN:9784774621852
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,133
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほっこりしました

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子7歳

    おもいおもいと、おいもを運んでいると…。おいものおもいを尊重し、掛け声をかえる動物たちの思いやりがあたたかく、ほっこりしました。頑張って大きくなったおいもの思いを想像し、秋の喜びとおいものおいしさが存分に伝わってきました。

    投稿日:2020/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しいおいもの本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳、男の子4歳

    子どもたちがおもいおもいとおいもを運んでいると、おいもが「おもいだなんてひどい」と怒りだします。おいものおもい(乙女心)に、なんてかわいいんだと笑ってしまいました。おいもに怒られるなんて、なかなかない発想ですよね。
    「おもいといわれるおいものおもい」という言葉は、読むほうも聴く方も楽しくなる言葉遊びなので、芋ほりシーズンの読み聞かせにもよさそうだなと思いました。

    投稿日:2019/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいもを 運んでいるみんな あら? おならしたのだあれ?

    えっさ ほいさ おもい おいも♪
    リズミカルに はこんでね

    すると 泣き声が   「おもい おもいって そればっかり」

    おいもは 泣いてたんです  
    おいものきもちがわからないの

    おいしそうに だいじにはこんでよ
    おいもがそういったんです

    おいものきもちがわかり みんなで おいしい 焼き芋を焼いて 美味しくいただきました
    あま〜いね おいしいね

    みんな焼き芋だ〜いすきですね

    投稿日:2019/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルでおもしろい

    秋は、やっぱりおいも。木坂涼さんの本ということで、楽しみに読みました。リズミカルな短い文は音読すると心地よく、また、「重い、お芋、思い」など言葉のチョイスがおもしろいです。お話はかわいく、ほのぼの。重いといわれて悲しむおいもの絵がなんとも愛らしく描かれていました。

    投稿日:2019/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大満足な笑顔

    全ページお試し読みで読みました。
    みんなの大きさからくらべてみると
    なるほどずいぶん大きなおいもです。
    実りの秋、おいもが美味しい季節で
    ラストのほかほかの黄色い実は
    素晴らしく美味しそうです。
    ようちえんやほいくえんでは
    いもほりに行くシーズンですね。

    投稿日:2019/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけがわかるかな?

    ことば遊びの要素がある絵本ですネ。

    何度かよんでみてわかりましたよ。

    こどもならきっと一回よんだときにわかるのでしょうね。

    おいもが大きいから頭の中で重いと思い込んだのでしょうか?

    作者の意図が後からわかり、二度おどろきました。
    とってもゆかいな絵本でした。

    投稿日:2019/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おもい」の意味

    題名を読んで、クスリ、と笑ってしまいました。
    何か言葉遊びみたいですね。
    食欲の秋にぴったりではありませんか。
    みんなが大きなおいもを運んでのエピソードです。
    もちろん、あの音も登場しますが、
    意外にも、奥深い方向にストーリーは進みます。
    そう、「おもい」の意味。
    これはすごい言葉遊びを知ってしまいました。
    滋味深いストーリーをお召し上がりください。
    幼稚園児くらいから、ほっこりしてほしいです。

    投稿日:2019/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいもが、

    「わたしのこと おいしそう〜に だ〜いじに はこんでちょうだ

    い!」と、言った気持ちがわかりました。

    おいもは、

    「りっぱな おいもに な〜れ」って、毎日 毎日自分のことを

    勇気づけ 励まして ここまでおおきくなったのに」

    「重い 重い!」って、言われるのが悲しくなったのだと思いました

    どんなことにでも当てはまるので、気を付けて発言出来たらいい

    し、有難く感謝したいと思いました。

    投稿日:2019/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット