あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!

かもさんおとおり自信を持っておすすめしたい みんなの声

かもさんおとおり 作・絵:ロバート・マックロスキー
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1965年05月
ISBN:9784834000412
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,387
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 65歳!

    十数年前、マラードさん一家が引っ越しをしたボストンの公園に行ったことがあります。白鳥のボートが浮かんでいて、絵本の通りでした。また、ドイツのいたときは、こういったかもさん親子の行列を何回も目にしました。まさに「かもさんおとおり」でした。でも新聞やニュースで取り上げられることはありません。つまり普通のことなのです。
    マラードさん夫婦やこがも達1匹1匹の表情がそれぞれ自己主張していて微笑ましい限りです。アメリカで1941年に出版されていますから、65年間も読み継がれている絵本です。
    ハラハラドキドキしたり、嬉しくなったり、ほっとしたりする楽しいお話し、そして絵。大事にしていきたいものです。

    投稿日:2006/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • レトロだけどしっかり面白い

    以前読んで、イラストは地味だったけど、味があって素敵な作品だなと思って印象に残っていた絵本です。古本屋で見つけて即購入しました。
    かもさん一家のお話です。子どもたちが生まれて、みんなで一列になって街を歩いてる姿がなんとも可愛らしく、人間たちとの交流も面白いお話です。子どもも動物が好きなので興味を持って見てました。

    投稿日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストは、ほっとします

    マラードさんの奥さんは、なんてしっかりとしたお母さんでしょう。
    卵を産み、しっかり育てて、マラードさんと約束をした場所まで
    道路を渡ってゆきます。
    その時に力になってくれたお巡りさんやパトカーも素晴らしいです。
    十数年前に、立ち寄ったボストンの街のお話なのを知って、一層好きになった絵本です。
    鳥たちが安心して住める場所って良いですね。
    クラシカルな絵も、とても素敵です。

    投稿日:2017/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かもの目線

    かもの家族の生き方、それを見守る周囲の人間。だれもが安心して読める、やさしい絵本です。
    そして、なによりマックロスキーの絵が本当にすばらしい!かもの姿がいきいきと描かれていています。もちろん、かも以外の絵もひきつけられます。特に気に入っているのは、巣を探すシーン。上空から町をみおろしている場面は、まさにかもの目線です。
    とき折々、何度となく読んでいるのですが、その度に「この絵、すごい!」そう思ってしまいます。
    ずっとかわらず大好きな絵本の一冊です。

    投稿日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和な暮らし

    昔から有名なこの絵本。5歳長女に借りてみましたが、3歳次女の方が気に入ったようです。

    お母さんカモの後ろに8羽の子ガモがついてあるく姿がとっても可愛らしくて、次女も「可愛い可愛い」と言っていました。

    かもさん家族のために交通整理をする場面を見て、何だか平和だなーと感じました。癒される絵本です。

    投稿日:2013/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不朽の名作

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子16歳、女の子10歳

    独身時代、渡辺茂男さんの訳であることと、おしゃれな表紙に惹かれて購入しました。
    しっかり者のマラード夫人や警官のマイケルさんの仕事ぶりが、好印象でした。
    実家の診療所の待合室に置くと、母が「よく大人の患者さんが読んでいる。」と言ってました。
    大人っぽいシックな色使いと、心温まるエピソードのせいでしょうか。

    モノクロの絵とやや長めのお話なので、子供たちは興味を示さないだろうと思ったら予想が外れました。
    我が子と甥、姪の幼稚園時代には、何度も何度も読みました。
    子供たちは、マラードさんがスワンボートのスワンに挨拶するのをおもしろがりました。
    マラード夫人が自動車と張り合って「ぐぁっ!ぐぁっ!」と大騒ぎになる場面では大笑いしていました。
    娘は、見返しに並んだ卵の絵と太目のマイケルさんが好きだそうです。

    これからも幾度となく読むたびに、いろんなことを思い出すでしょう。
    子供から大人まで末永く愛される絵本だと思います。

    投稿日:2013/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地味なのに、素敵な絵本!!

    よく良書と評されているので、読んでみました。

    なるほど!!
    大人が読んでも、ほっと優しい気持ちになれる素敵な本です。
    これという派手な出来事は無いけれど、子供も魅了されている様子。

    色が付いていないのに、素晴らしい絵。
    羽毛がふんわり、体に温かみがあるように見えます。
    飛んでいる目線から描いた町の様子も本当に美しくて、
    自分も飛んでいるかのように思えるほどです。

    人間たちが、懸命にかもの親子を守ろうとしている姿にジンとします。

    たいした出来事が描かれているわけではないのですが、
    一生懸命生きている様子が、活き活きと描かれていて、本当に素敵な本です。

    投稿日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読めば読む程好きになる

    他の絵本よりちょっぴり大きなサイズに、画面いっぱい描かれるカモやボストンの町並み。セピア色一色で細かく描かれたデッサンはどれもこれも美しく、ずっと眺めていても飽きません。
    ストーリーも、ユーモアがあって、あたたかく、親しみやすいものです。子供たちは、「ジャック、カック、ラック、マック、ナック、ウァック、パックにクァック」という子がもたちの名前がでてくる場面が特にお気に入りで、何度読んでも「あはは」と笑います。また、行列を見守る人たちも魅力的。私は、マイケルさんが手を挙げて車を止め、カモの親子を通してあげる場面を見るたびに、胸がキュンとなります。
    派手さはありませんが、読めば読む程好きになる絵本です。いつかボストンに行って、カモの親子が通った道を自分も歩いてみたいと思っています。

    投稿日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボストン大好き

    ボストンに住んでいたことがあり、そこでお友達にプレゼントしてもらった本です。ボストンに住んでいる人の多くが知っている絵本なのではないでしょうか。

    ただ、少し長い本なので、子供達に聞かせるために、図書館で日本語版を借りてきました。

    カモさん夫婦が、安心して子供を産める場所・子育てできる場所を探し、チャールズ川でヒナをかえしてボストンの公園に移り住む様子が描かれています。どの風景もリアルで、また、茶色一色というのが古き良き街ボストンを優しく描いていると思います。

    ボストンの公園の片隅には、この本のカモたちが一列に並んで歩いている像があり、本当に愛らしく、いつでも人気の写真スポットです。

    投稿日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作はやはり良い

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    私が子供の頃、茶色のモノクロの絵本なのに大好きだった本です。
    生き生きとしたカモの絵と物語が心をとらえます。
    巣を作る場所を探す夫婦のカモ。
    どこに作ろうか?探し回ります。
    どこがいいかな〜私も一緒に探していました。
    物語の中に入り込めるそんな絵本がよい絵本なのだ思います。
    名作と呼ばれ読み続けられる絵本は、やはり良いです。

    投稿日:2011/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット