そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

かもさんおとおり」 その他の方の声

かもさんおとおり 作・絵:ロバート・マックロスキー
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1965年05月
ISBN:9784834000412
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,349
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然との共生

    鴨の夫婦が、都会で子育てをします。
    その一生懸命な様子や、人間とのかかわりが、とても温かな読後感をもたらします。
    モノトーンで地味ですが、子どもたちも、真剣によく聞いてくれます。
    毎年、春に読みたい絵本です。

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かもの目線

    かもの家族の生き方、それを見守る周囲の人間。だれもが安心して読める、やさしい絵本です。
    そして、なによりマックロスキーの絵が本当にすばらしい!かもの姿がいきいきと描かれていています。もちろん、かも以外の絵もひきつけられます。特に気に入っているのは、巣を探すシーン。上空から町をみおろしている場面は、まさにかもの目線です。
    とき折々、何度となく読んでいるのですが、その度に「この絵、すごい!」そう思ってしまいます。
    ずっとかわらず大好きな絵本の一冊です。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く読み継がれる絵本

    良い絵本ということは理解していましたが
    長い話で、なかなか子供たちの前で読む機会がありませんでした。
    ちょうど時期的にチャンスがあったので
    小学生の部で読んでみました。
    1年生の子が最後まで飽きることなく聞いてくれました。
    そして5年の男子が釘づけになって聞いてくれたのです。
    やはりストーリーと素晴らしい絵の力によるものと思います。
    年齢問わず、よみ継がれる絵本なんだなあと実感しました。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かもさん親子の心温まるお話

    かもの夫婦は子供を産む場所を探しました。みずべのしげみによい場所を見つけてたまごを8つ産みました。子供達が生まれました。お母さん達は泳ぎ方やもぐりかたを教えました。ある日かもさん親子は、道を横切ろうとして車にむかって、ぐあっ、ぐあっと鳴き続けおまわりさんを困らせましたが、おまわりさんは、かもさんたちを無事にわたらせてくれました。なんと優しいおまわりさんでしょう。こうした人間ととりたちの心温まるお話です。絵もほのぼのとしてすてきです。子供さんと一緒に楽しんで下さいね。

    掲載日:2006/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット