おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

さるのゼフィール なつやすみのぼうけん」 ママの声

さるのゼフィール なつやすみのぼうけん 作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ
訳:やがわ すみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:1988年
ISBN:9784566000278
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,460
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の国に帰れたのに・・・

    自分の場所に戻れて、ゆっくりできると思ったら、王女様がいなくなる。迷惑には鳴りませんでしたが、本当に冒険ですね。戦い方が、面白いです。
    自分の実家が近いけど、実家って今住んでいるところよりどんな狭くても実家って休まりますよね。
    人魚に願い事をして、いる場所がわかる。私なら、判っていても、そこまで出来るかどうかが不安です。
    自分の実家でゆっくり休みたいのに、王女探しで夏休みが終わってしまうなんて、すごいよね。

    投稿日:2007/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゼフィール大活躍!

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子4歳

    ババールシリーズ6作目。大型絵本はこれが最後の作品。これまで脇役?だったサルのゼフィールが主役。夏休みに自分の故郷・サルの国へ帰り、大活躍するお話。
    行方不明になったサルの女の子を探しに海を渡り、怪物をうまく操り、無事女の子を救出! これまでの作品は、ババールがぞうの国を築き上げる過程を描いたものでしたが、この作品はぞうの国を離れたゼフィールの活躍ぶりを描いたもの。ちょっと冒険心のある、他の作品とは一味違ったお話です。

    投稿日:2003/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ババールでおなじみのゼフィールのお話し!

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    ババールのぞうの国の、ぞうの子供たちの学校が夏休みになりこざるのゼフィールはサルの国に里帰りすることにしました。とうさんやかあさん、小さな妹や弟たちに会い、久しぶりの家はやっぱりいいところ。ババールに贈ってもらったボートを湖に浮かべ、魚釣りをするゼフィールは人魚を釣り上げて・・・。人魚やかいぶつたちが出てくるゼフィールの冒険物語です。うちの子たちはこの絵本が大好きです。ストーリーも分かりやすいので、ババールシリーズを読んでなくても、単独のお話しとして楽しめますよ。ただ、ババールシリーズのお話しですが、このお話しはグランドアルバムという大判の絵本しかありません。でも、大きな絵本は、子供たちも喜びますよ。

    投稿日:2002/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / そらいろのたね / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット