話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくはだれもいない世界の果てで 」 せんせいの声

ぼくはだれもいない世界の果てで 作:M.T.アンダーソン
絵:ケビン・ホークス
訳:柳田邦男
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784097261513
評価スコア 4
評価ランキング 23,816
みんなの声 総数 12
「ぼくはだれもいない世界の果てで 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なもの

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    豊かな自然に囲まれて
    一人で生活していた少年のもとへ
    事業家がやってきて、
    あっという間にレジャーランドができあがってしまう。

    少年も最初は都会の子どもたちと一緒に過ごして
    楽しいひと時を過ごすのだけど、
    最後には大切なものを失ったことに気づく。

    とても深い絵本だと感じました。
    僕自身が都会に住んでいるからこそ
    空気のおいしい自然豊かなところを求めていく気持ち
    それもすごくわかるからこそ、
    開発されて、行きやすくなると便利だな、と思う。
    だけど、大切なものを壊してまで
    自然を感じるだなんて、ただのエゴでしかないなぁっと
    感じさせられる絵本でした。

    投稿日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 十二支のお雑煮
    十二支のお雑煮
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    十二支の動物たちが、思い思いにお正月を楽しみます。最後は、みんなでお雑煮をいただきます。


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(12人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット