新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック

PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック(フレーベル館)

モルカーのポテトやなかまたちの紹介からアニメの名場面、制作の裏側まで!

  • かわいい
  • 盛り上がる

もいもい どこどこ?(あかちゃん学絵本) 0歳、1歳、2歳児向け 絵本なかなかよいと思う みんなの声

もいもい どこどこ?(あかちゃん学絵本) 0歳、1歳、2歳児向け 絵本 著:市原 淳
監修:開一夫
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
税込価格:\1,760
発行日:2019年12月
ISBN:9784799325612
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,831
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なになに?もいもい?

    タイトルだけでは、どんなお話なのかさっぱり分かりませんが、読み終わった後でも結局分からずじまいでした。でも何だか楽しそうに、もいもいを探したり、一緒に遊んだりしているんだなというのは伝わってきました。もう小学生になってしまった我が子にこの絵本を読んであげたら「もいもいって一体何?」「どういう事なの?」と質問攻めに遭う事でしょう。でも赤ちゃんの頃に読んであげたら、理屈抜きでこの不思議な世界を楽しんでくれたんだろうなぁ。カラフルな色使いのページを楽しんだり、ページに開いた穴に指を突っ込んだりして楽しむ、赤ちゃん時代の我が子を想像しながら読みました。

    投稿日:2020/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • もいもいは神様のプレゼント?

     もいもいを見て最初に感じたのは、なんだか勾玉みたいな形だなということ。命が宿ったばかりの赤ちゃんの形にも似ている・・・。それを赤ちゃんが喜ぶということにちょっと神秘を覚えてしまいました。
     本文は身近な不思議や宇宙を探検する感覚にも似て面白いと感じました。情報が満載なので、多くの赤ちゃんは楽しいと感じると思うのですが、自閉症等の障害を持った子供たちにとってはどんな反応をするのだろうというのが少しきになったところです。

    投稿日:2020/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さわりたい! 受賞レビュー

    生後1ヶ月に出会った『もいもい』。3ヶ月の時に本を見て、ニヤっと笑った本も『もいもい』でした。
    その本の新作が出ると聞き、とても楽しみにしていました。

    娘は9ヶ月。「もいもいはどこかな?」と一緒に探すのは難しいかなと思いながらページをめくりました。

    娘は手で触る楽しみを、この本に見出したようです。しかけ絵本のため、たくさんの切り抜きがあります。それをなぞり、手を入れ顔に近づけて、かじって…ページをめくってみることもあります。特に「やぁ!」のページは好きらしく、ページをめくっては戻して、1人で遊んでいました。

    本を手に取り、自分で見る楽しさを娘に教えてくれた本でした。もう少し大きくなったら、また別の楽しみ方を一緒に探したいと思います。

    投稿日:2020/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • もいもい!? 受賞レビュー

    • りひまるさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子4歳

    最後の、最後まで「”もいもい”ってなんやねーん!」と心の中で突っ込みながら読み終えましたw 結局、もいもいの謎が残る、このわからない感じがいいのですねー。

    赤ちゃんには、言葉の響きやリズムで楽しんでもらえそうです。

    投稿日:2019/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんにウケそう

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    カラフルで、面白くて、楽しそうという印象を受けました。
    友人の子どもが赤ちゃんの時、企業のマークや記号のような図形に、必ず反応していたことを思い出しました。
    うちの子どもたちは、ボタン型のスイッチ類が大好きでした。
    もいもいの形や色は、赤ちゃんにウケそうだなと思いました。

    投稿日:2019/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか気になる

    「赤ちゃんと作った本」というので、興味を持ちました。
    とても話題になっている絵本なんですね。
    色あざやかで、くっきりはっきりした絵と、「もいもい」という不思議と耳に残る言葉。
    確かに赤ちゃんが好きになりそうです。
    我が子が小さい頃、長新太さんの「にゅーっするするする」が大好きだったことを思い出しました。
    意味はよくわからないけれど、なぜか気になるんですよね。

    投稿日:2019/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか斬新なキャラですね。 受賞レビュー

    既に小学生の我が息子は、赤ちゃんの頃、
    ほんわか系の色使いの絵本に興味を持ちませんでした。
    原色を使っているものや、
    黒ではっきりと縁取っているものには反応しました。
    もともと赤ちゃんは視力が悪いもののようですが、
    息子は、3歳児検診で視力の弱さがはっきりと出ました。
    ゲームもやらせてなかったし、テレビもそんなに見ないのに、
    1年生からメガネです。
    ほんわか系の色使いの絵本に興味を示さなかったのは、
    こういうことだったんだなと納得。
    お母さんとしましては、
    ほんわか系の色使いのものが、
    やっぱり赤ちゃんに与えたくなるのですが、
    でもね、違うんですよね。
    色使いははっきりとわかりやすく、
    そして楽しいものをあげてほしいなと。
    そして、単細胞生物っていうのかな。
    細胞っぽいキャラクターが斬新です。
    音の響きも楽しくて。
    息子が赤ちゃんのころにこの本があったら、
    読み聞かせたかったなあ。

    投稿日:2019/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / パパ、お月さまとって! / ぴょーん / もりの ほうせき ねんきん / ねむたい ねむたい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット