となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

うちがいっけんあったとさ」 ママの声

うちがいっけんあったとさ 作:R・クラウス
絵:モーリス・センダック
訳:わたなべ しげお
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1978年11月16日
ISBN:9784001105810
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,023
みんなの声 総数 11
「うちがいっけんあったとさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたまのなかはすごいね!!

    7歳の息子に読みました。

    子供の頭の中はすごいのだ!!
    といわんばかりの絵本です。
    何だって出てきちゃう。好きなようにしちゃうんだ!

    我が息子は、慎重で、まじめなタイプ。こんな事言ったらおかしいかな、と先に勘ぐっちゃうタイプの子。この絵本の主人公のように、想像した事を、たくさんぶつけて、言葉や体、絵でも何でも表現してくれたらなと思いました。あ、でも、頭の中ではそうしてるのかな??!

    などと考えた1冊です。

    投稿日:2012/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの面白い世界

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    コールデコット賞受賞作品ということで読んでみました。

    どんどん空想が広がり、
    しかもリズミカルな言葉で
    どんどん読み進めました。

    3歳と6歳の息子たちの会話も
    たまにかみ合っていませんが
    二人の世界があり、
    敵がいてやっつけようとどんどん空想が
    ひろがっているんですよね。

    そういうとき、いかに邪魔しないかが問題で、
    ちょっとでも視線やにやっと笑うと世界が一気に
    しぼんじゃうので、
    こっちも無表情を装い、
    子どもの面白い世界をこっそり聞いています。

    投稿日:2019/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • のびのび

    いいなあ。子どもは自由でのびのびしていて。
    私も、いろんな妄想しますが、もっといやらしいくらい
    現実的で(妄想なのに)、おもしろくもない感じになって
    しまうものなあ。
    いっけんのうちでも、こんな風に想像できるなんて
    うらやましいです。

    投稿日:2017/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの想像力の豊かさを感じるお話

    モーリス・センダックが絵だったので、息子にどうかなと思いました。

    子どもの想像力の豊かさを感じるお話だと思いました。

    センダックは、絵本によって、絵の感じが変わりますね。それに驚きました。

    文は、リズム感があって、心地よく響きました。

    詩のような歌のような文体が、印象に残ります。

    大人よりも子どもの方が通じるところが多そうな本だと思いました。

    投稿日:2009/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不思議だけど…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ちんとんしゃん てれつくてんてんすててて てん
    で始まる、リズミカルな文章に、ついつい、節をつけて読んでしまう不思議な世界です。
    男の子が描く、一軒の家は、
    りすのうちでもありません。
    ろばのうちでもありません…
    そして、いろいろな場所に表れる家は、なんだか子どもたちが大好きになりそうな気がします。

    おとなも、子どもの頃の心に戻って、いっしょに楽しめるちょっと不思議な楽しい世界です。

    投稿日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちん とん しゃん

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    頭のなかの世界にセンダックの絵がぴったりです。

    見開きのネイビーブルーと、本文の背景の黄土色がとても雰囲気がよくて、不思議な世界に引き込まれます。

    子どもたちの頭の中は、きっと絵本よりも不思議な世界なのでしょう。
    この絵本に子どもたちのほうが引き込まれると思います。

    渡辺さんの訳もすてきで、リズムがよく楽しいです。
    「ちん とん しゃん」「てれつく てんてん すててん てん」は原文はどう書いてあったのか興味があります。

    投稿日:2008/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な文章に不思議な絵・・・

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    うちが一軒あったとさ− りすのうちではありません ろばのうちでもありません −知りたかったらさがしてごらん− とはじまるこのお話しは、ぼくの考えるうちの中の様子が描かれています。
    なんとも不思議な文章に、センダックの描くなんとも不思議な絵・・・。なのに結構子供は喜んで楽しむんですよね。そこがまた不思議なんですけれど・・・。それって、私が子供の感性がわからないってことなのでしょうか?1度体験してみてください!

    投稿日:2002/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット