新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ

ぶたのしあわせ」 ママの声

ぶたのしあわせ 作・絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:矢川 澄子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
税込価格:\1,282
発行日:1977年
ISBN:9784579401017
評価スコア 4
評価ランキング 25,513
みんなの声 総数 7
「ぶたのしあわせ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どんな暮らしがしたい?

    ある日、思いがけず大金を手にした、農場のブタの夫婦は、憧れていた豊かな生活を始めます。
    でも、その暮らしも良いことばかりではなく、やがて夫婦は全てを捨てて農場へと戻ります。

    「あれが欲しい」「これも欲しい」と、まるで人間のようです。
    私も子供も、思い当たることがあってドキッとしました。

    投稿日:2011/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身分相応とは。

     この作者が大好きなので、図書館から探して読んでみました。1974年発行の古い絵本です。子どももブタが人間のまねをしてくらしていくのがおもしろかったのか、「ブタが服着てる」とか喜んでみていました。

     ブタの夫婦が日常のすべてに満足しているのに、それがつまらなく思えて柵ごしに見える人間の生活が羨ましいと思っていると、小箱の中から宝石ざくざく出てきました。これで、車に家・服などあらゆるものを購入して、すべての幸せを手に入れたと思いますが、機械の調子が悪くなったり、ベッドや服は暑かったりと思いのほか不便な生活。しまいには全てを投げ出してもとの生活に戻るお話です。

     「おかねやいろんなものがほしい、
     そうすればなんでもおもいのままだ。
    でなけりゃどうしてしあわせなものか。」
     ブタの言った言葉ですが、時々そう考えている自分がいて、でも人生それだけじゃないと、しみじみと反省させられた絵本です。

    投稿日:2007/01/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんとうのしあわせ

    • すちゃさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子7歳、男の子3歳、

    はたらくくるま一辺倒だった下の子が
    珍しく借りてきた動物ものの1冊。

    「ぶたのしあわせ」、タイトルのシンプルさがまずよい。

    表紙のぶたさんの幸せそうな寝顔!
    ふかふかのベッドでおしゃれな寝巻を着て。

    と思ったら、おはなしのはじまりは憂鬱そうなぶたさん。
    普通の豚たちの幸せには目もくれず。

    宝物をお金にかえるときの、
    銀行のおじさんの豹変ぶりがリアル。

    念願のお金で夢を次々にかなえていくぶたさん夫婦。
    しかししかし・・
    本当の幸せに気付いたぶたさんたちに親は少しほっ。

    上の娘にはいろんなメッセージが届いた様子。
    下の子もかなり楽しんでいましたが
    大好きな車が池におとされるシーンは納得いかなかったのか
    「どうして・・・・・!!??」叫んでいました!

    ストーリーもシンプル。
    でも、物質社会の私たちへの警告もあり
    よみごたえのある味わいある1冊でした。

    投稿日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット