紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん 脚本:津田 真一
絵:夏目 尚吾
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\2,090
発行日:2019年12月05日
ISBN:9784494093199
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,087
みんなの声 総数 2
「紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 出てくる人たちがみんないい人です。

    紙芝居のカバーに日本の昔話と表示されていますが、たぶん創作だと思います。
    (何かヒントになる民話がどこかにあったのかもしれませんが)
    夏目尚吾さんの絵が昔話の雰囲気に合っていて、見ていて楽しかったです。

    出だしのところだけ読んだときは、「かにかにこそこそ」のような、意地悪なおばあさんと優しいおじいさんみたいなはなしなのかと思っていましたが、実は二人とも気のいい優しい人たちでした。
    おはなしオチは、ねずみたちのこそこそばなしのおかげで、災害から村を守ることが出来たというものでした。
    この作品には悪い人は一人も出てきません。子どもたちはこういうおはなしに出会ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

    ストーリー性のある紙芝居なので、12場面あります。長すぎず、短すぎず5,6歳くらいから小学校中学年くらいまで、楽しめそうです。

    投稿日:2020/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみは守り神

    ねずみの予知能力と博識に、おじいさんおばあさんのみならず、村が災害に会わずに済んだという、ねずみ礼賛のお話です。
    あっという間に川幅を拡げてしまった村人の力には驚き、始まりと終わりで、おばさんのねずみに対する思いが全く変わってしまったことが笑えます。
    少し今風のソウサク民話。

    投稿日:2020/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ
  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット