新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付」 ママの声

ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付 著:オールト編集部
出版社:オールト
税込価格:\2,530
発行日:2020年01月31日
ISBN:9784434267659
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,850
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すごくよかったです。

    野菜たちが主人公のアニメのようなイラストの絵本ですが、お話の内容に感動します。
    色々考えさせられる深い絵本でもありました。
    キズもの野菜は「廃棄処分」という野菜の街。
    キズがあったら処分、せつないですね。
    人間も外見で悩んだり他と違うからと悩んだり、多かれ少なかれ何かしらキズを負った人もたくさんいます。
    いえ、外見に限らず、みんな少なからず何かしらのキズを抱いているのかも。
    「キズつくことの痛みを知っているから」、この絵本のこの言葉はとても心にきました。
    痛みを知っているからこそ想えることやできること、っていうのがあるのかもですよね。
    希望を感じられる絵本でもあり、また差別こそ無駄なことはないとも思える絵本でもあり、親しみやすい楽しいイラストながら読んでいて深い想いになりました。

    また、小さなお子さんはイラストを見ながら、「この野菜は○○(きゅうりなど)」など指差しで楽しめると思います。
    また「食べ物は大事にね」と子供の食育にもなる絵本かとも思います。

    小さいお子さんから大人まで、幅広い世代で読めるよい絵本に思いました。
    表紙の外見以上に(すみません)心にくる絵本でした。

    投稿日:2020/01/23

    参考になりました
    感謝
    5
  • ベジタブルで、ワンダフル 受賞レビュー

    見た目で敬遠される野菜たち。しかし見た目という壁を乗り越え、未来の扉を開ける。その勇気と友情はコンプレックスを抱えて生きる私達に、ひとつのヒントを与えてくれます。「キズモノ」なんて言うヤツがキズモノさ。見た目で判断なんて、見る目がないね。読み終えたあと、なぜか心のモヤが晴れるような気持ちに。そして誰かにやさしくしたくなるのです。いや、やさしくなるのです。
    読み終えて、4歳の息子が言いました。もう悪口なんか気にしない、と。「覚悟」というほどかっこよくはないし、「決意」というほど揺るぎないものではないが、曲がらない「意志」がそこにはありました。
    アキラメないで、キラメイて。
    これがこの本のメッセージです。

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • もっと大事なのは 受賞レビュー

    たいていの人は、綺麗だったり恰好良かったりする人に憧れ、自分もそうなりたいと思うでしょう。それはきっと文字が生まれる前、言葉らしい言葉を発する前の遥かな昔からあったのでしょう。
    確かに、見栄えが良いということは良いことなのでしょう。でもだからといって、見栄えが悪いことが悪いことではないはずです。大事なのは心のはずです。

    この絵本の主人公は、ナスのナッスです。
    始めはなんの傷も負っていなかったナッスが、ある出来事で体に傷を負います。
    体に傷のある野菜は捉えられて処分されてしまう。ナッスは逃げ回ります。
    でも逃げ回る中で傷のある野菜たちと出会い、大事なのは傷があるかどうかではなく、心がこもっているかどうかなんだということに気付きます。

    自分や他人の見た目をとても重要視する今の世の中で、子どもたちがそれに染まりませんように。
    この絵本には、そんな願いが込められているように感じます。

    投稿日:2020/01/27

    参考になりました
    感謝
    3
  • 新しい感覚

    アニメを見ているような新しい感覚の絵本です。
    Youtubeで曲が聴けたり、公式サイトがあったり、DVDでナレーション付き動画があったり。
    何もかもが新しいですね。
    初めはちょっと戸惑いましたが、内容は教育的な面もありきちんとしていて、そして読みやすい。
    意外に大人も楽しめました。
    こんな風な絵本が増えていくのかなと思いました。

    投稿日:2020/01/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • ベジーズかっこいい!

    仲良し野菜のジャガイモとナスが、都会に出てミュージシャンを目指すというお話です。

    二人を邪魔する者があらわれたり、仲間割れしてしまったり、新しい出会いがあったり、
    様々なドラマが展開していき、読んでいてハラハラワクワクが止まりません。

    野菜のバンド、ベジーズ かっこいいですね!
    子どもたちの人気者になりそうです。

    投稿日:2020/01/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 食育に良い

    • 夏帆さん
    • 40代
    • ママ
    • 熊本県

    アニメを見ているような感覚で楽しめる新しい絵本です。曲が聴けるのもいいですね。

    キズものだと廃棄処分される野菜たち。確かに、スーパーには綺麗なピカピカの野菜ばかり並んでいます。「傷ついた野菜や曲がった野菜はどこに行ったの?」と子供たちに考えさせるにはいい絵本だと思います。

    畑で野菜を育てたり、収穫したことがある子供なら、傷ついたり虫食いがある野菜、大きく育ち過ぎた野菜、変わった形の野菜があることを知っています。

    食育を語るきっかけとして、おすすめの絵本です。




    投稿日:2020/01/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • アニメのような

    表紙からアニメ感があるなぁと思い、最後まで見ても絵本というよりはアニメでした。読んでいると想像の中で主人公たちが動いていると錯覚するような感じでした。アニメ感覚で読めるので、なんとなーく自分の中で歌詞に音楽までつけて…笑笑 実際DVDを聞いたら違うんだろうなぁと思いつつ。。
    読んでみて、内容は偏見・差別はいけないという事を伝えたいのかなぁと思いました。しかし、なぜ都会?はあんなにも傷物に対して厳しく取り締まることになったのかという原因が出てこなかったことが少し残念でした。単に人気者が傷物で、取り締まる側にも傷がついてしまったー傷があってもいいじゃないか!という内容がアッサリしすぎている感じがしました。
    人気者がいなくなったら?または、傷物が今度は優位になった立場となって取り締まりを始めたら?…偏見・差別をなくすために根本的な所をどうしたらいいのか?という深さをあまり感じませんでした。

    投稿日:2020/01/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵本というより漫画

    • りひまるさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子4歳

    絵本というより漫画を読んでいるようでした。
    身近な野菜が沢山、沢山出てきます。どの子もちゃんとキャラがあって、楽しく読み進めました。途中歌のページがありますが、勝手なリズムをつけて読み、子供も楽しんでくれましたが、DVDの方を聞けば、ちゃんとしたお歌が聞けるのかな?DVDの方もぜひ見てみたいと思います。

    投稿日:2020/01/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 奥が深いです 受賞レビュー

    アニメのようなイラストで、実際にDVDも付いている絵本です。
    動画も見せて頂きましたが、美しい映像と、実際にベジーズの歌と演奏が聴けるし、なんといってもナレーションが高山みなみさんという豪華さ!これはコナン君ファン必見ですね(^^)

    お話の内容は、思ってたよりも奥が深くて驚きました。
    野菜のお話ですが、人も同じ。見かけで判断してはいけないことを絵本を通じて小さな子にも分かる内容でした。

    一年後のサラダシティの様子を見て、私は健康な人とそうでない人との共生社会を描いているのかと思いましたが、幅広い年代、それぞれの価値観で読める絵本だと思いました。

    イラストも、細かいところまで楽しめました。
    ポスターや看板、ベジーズのトランプマークもカッコいい。
    個人的には、田舎から実はずっと一緒に付いてきていたトマトちゃんが一番好きです。ナッスのことが好きなのかな?キャロルの登場場面で悔しがってる姿がツボでした(笑)

    色々な野菜が描かれているので、「これは何の野菜かな?」などとお話しながら読むのも良いですね。
    色々な楽しみ方が出来る奥が深い絵本でオススメです。

    投稿日:2020/02/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 痛みを知ることで、、 受賞レビュー

    立体感のあるいきいきとした絵に、引き込まれました。夢や希望が、おもうようにかなわないこと、きっと誰もが経験することでしょう。それでも、あきらめないことの大切さを教えてくれます。キズはないほうがいいかもしれません。でも「傷つくことの痛みを知る」ことで、得るものがあることを、気づかせてくれます。見た目はちがっても、思っていることはみんな同じ、だからベジーズの歌は、誰をも感動させるんですね。ベジーズのビジュアル系メイクや、ほかの野菜たちの表情や動きが、こまかく描かれていて、すみずみまで楽しめました。私的には、ナッスのファン第一号?のトマトちゃんが、一番ほほえましかったです。それぞれのキャラが魅力的なので、シリーズ化してほしいなと思いました。動画では、ベジーズの歌も楽しめるのがいいですね。起承転結のわかりやすいお話なので、じっくり読み聞かせも、いいなと思いました

    投稿日:2020/02/11

    参考になりました
    感謝
    1

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / ぐりとぐら / NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス) / くまくん、じゅんびは オーケーかい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



5月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット