新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付」 その他の方の声

ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付 著:オールト編集部
出版社:オールト
税込価格:\2,530
発行日:2020年01月31日
ISBN:9784434267659
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,850
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新しい絵本

    • た〜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県

    絵本の絵は綺麗に描かれていて、内容も分かりやすい。漫画やアニメのような感覚で見ることができ、すーっと頭に入ってきます。内容もさることながら、ベジベジの歌が最高!思わず口ずさんでしまいます。CD出たら絶対買います!

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • ナッス達が教えてくれること

    アニメのような絵なので、書店で見つけたら、子どもたちは喜びそうだなあ。でも、私は手に取らないだろうなあと思いながら、全ページお試しで読ませていただきました。
    そうしたらなんと!思いがけず(すみません笑)感動して、ナッス達の大ファンに…笑笑。
    いろいろ考えさせられる深い内容で、最後まで楽しく読め、子ども達にも是非紹介したいと思いました。歌があるのでみんなで楽しめそうですし、DVDもついているので、子どもたち喜ぶと思います!
    最近の世の中は、自分ファーストで、外見や考え方の違いを受け入れられずに排除する方向に進んでいるように思います。偏見を持つことなく、心と心を通いあわせることができたなら、平和な世界になるんだと、ナッス達が身体を張って教えてくれているように感じました。傷つきながらも諦めず、知恵を出し合い、夢に向かって頑張るナッス達の姿に、頑張って!とエールを送りながら、私達のほうこそ、ナッス達から、世界平和のために、できることを、諦めずに考えろよって、エールを送られているような気がしました。
    今度からは、書店で出会ういろいろな絵本も、偏見を持たずに手にとってみようと思います。ナッス達に出会えて良かったです!

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人にもぐっときます

    • ワグマさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    高山みなみさんが朗読されているとのことで興味を持ちました。

    今の世の中に一番大切なメッセージの入った物語だと思います。
    大人が読んでも色々思うことが出来る作品ですね。
    小さいお子様には音楽やダンスも加えて読み聞かせられれば楽しいし、キャラクターはどの年齢層が見ても可愛いくて、最近の絵本ってこんなことになっているんだと驚きました。

    ただ、これを読んだお子様方がナッス達を好きになりすぎて、
    ナスやニンジンを食べるのを「かわいそう!」って躊躇しないか心配です!

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 粋な内容

    傷をもつ若者たちが、ロックグループを作って都会に繰り出すという、青春もののストーリーです。主人公の若者たちというのは、傷物野菜。お話には東京砂漠を連想させるベジタウンという都会、、酒場や警察が出てきて、一昔前の青春映画っぽい懐かしさも感じるストーリーでした。それに比して、絵はデジタルっぽい鮮やかな発色。斬新で面白い絵本でした。

    投稿日:2020/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 傷んだ野菜だって!

    傷んだ野菜だって他の野菜と変わらない!
    主人公たちのようにちょっとしたアレンジで様変わり!

    主人公たちが迫害される立場から逆転し、
    世の中の風潮まで変えていく物語を見ていると、
    やっぱり、見た目だけがすべてじゃないよね…と思います。
    子供たちには物語を楽しみつつ、学んでもらえたらと思います。

    投稿日:2020/01/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 傷つくことを知るかっこよさ

    SNSの流行によって、昔以上に外見に支配されることを強いられてしまう現代社会。
    そんな今を生きる子供たちに向けた強いメッセージを感じる作品です。

    私には幼い頃、義足の祖父がいました。
    漁師だった祖父は、漁から帰ると玄関で靴の様に豪快に義足を外すので、当時の私は「おじいちゃんはロボットなんだ!かっこいい!」と、無知故の羨望の眼差しで祖父を見ていました。

    一方、小学生の頃、近所に子供から「白黒おじさん」と呼ばれている男性がいました。
    外見の特徴からそう呼ばれていたのですが、これも子供だから、無知だからだったのでしょうか?
    今の私はそうではないと考えています。
    その男性の気持ちを推し量ることはできなくても、「自分が外見のことを言われたら嫌だ」ということくらいわかっていたはずなのです。

    最初は自己中心的なところがあったナッスが、
    試練の中で、「傷つくことを知っていることの強さ」を学び、終盤、自らを犠牲にして仲間を守ろうとする姿は、まさにヒーローだと思います。
    多様性を受け入れることの大切さを、「かっこよさ」として描く本作のアプローチは、きっと子供たちにも素直に受け入れられるのではと感じました。

    かつての私が、祖父を見ていた時の目と、おじさんを見ていた時の目。
    その間に、何によって歪んだ価値観が形成されてしまったのかは、今となってはわかりません。
    ですが今回、姪っ子へのプレゼントをきっかけに本作を読んだことで、過去の出来事を思い出し、改めて自分の価値観を考えさせられるきっかけになりました。

    子供も大人も楽しめる良作です!

    投稿日:2020/02/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • アニメーションのよう

    アニメーションのような見せかたをしている絵本なので、好みがわかれるところかもしれません。
    ただ、最近絵本はどんどん新しいものが出てきて、その見せかたも多様になっているので、音声がつくというのも、そのひとつだと思います。
    高山みなみさんの声が好きなので、キャスティングはとても良いと思います。

    投稿日:2020/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野菜たちの熱いソウル!

    可愛らしい絵に対して今の偏見が多い世の中を彷彿とさせる内容に驚きました。

    トントンと調子よく進んでいくお話はとても読みやすく、また内容的にも惹きつけられました。
    何より野菜たちが可愛い!

    こんな素敵な気持ちを持てる子供が一人でも多く居たらな、と思います。

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野菜のミュージシャンたち

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    お話を読む前は、表紙のビジュアル系の野菜の容姿が、少し怖かったです。
    でも読んでみると全然違っていて、本当に怖いのは、ターマ警部やサラダシティのルールでした。
    歌詞の中にある「心だけはずっと新鮮でありつづける」というフレーズが印象的でした。
    終盤の音楽の力が権力に勝つ瞬間、かっこよかったです。

    投稿日:2020/02/02

    参考になりました
    感謝
    1

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / ぐりとぐら / NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス) / くまくん、じゅんびは オーケーかい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット