まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ガンピーさんのふなあそび」 みんなの声

ガンピーさんのふなあそび 作:ジョン・バーニンガム
訳:光吉 夏弥
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1976年09月
ISBN:9784593500307
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,598
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

71件見つかりました

  • ゆったりとした気持ちに…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ガンピーさんが、小舟で出かけます。
    こどもたちが、「いっしょにつれてって。」と言いました。
    「いいとも、けんかさえしなけりゃね。」
    つぎにやってきたのはうさぎ。
    「いいとも。とんだりはねたりしなけりゃね。」
    約束事をして、次から次に乗ってくる動物たち。

    どんどん重くなっていくけど大丈夫かなという心配をよそに、ガンピーさんは、みんなを受け入れます。ところが、その期待は裏切りませんよ。でも、ガンピーさんの反応も、なかなか面白く、こんな気持ちでいつもいられたら、本当にいいなと思いました。

    登場人物は、まずは、右ページでカラーで紹介され、左のページはモノクロの優しいタッチで描かれています。画面いっぱいに描かれた動物には、子どもたちもきっとくぎづけになることでしょう。
    それぞれの動物たちの表現もなかなか愛嬌があり、最後の最後まで、心穏やかに包まれていく世界がそこにあります。
    暑い夏の一日、この本を手にすると暑さもどこかに吹き飛んでしまいそうです。

    投稿日:2009/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • イギリスならではのティータイム

     私のお気に入りの一冊です。
     今年の我が家のカレンダーは、この絵本の絵の入ったバーニンガムさんのものです。

     この季節、船遊びっていうのもステキですよね。ゆったりとした田園地帯の川べりに住むガンピーさん。
     ある日、船でおでかけ。そこへ「一緒につれてって。」とこどもたち。次から次へと「つれてって。」が。

     船の中がだんだん狭くなっていき、みんな川の中へ…。

     結末は予想できますが、この後が私の大好きなイギリスならではのティータイム。このページは、我が家のカレンダーでは、12月です。

     独特の筆致。どちらかというと大人向けの癒し系の画風でしょうか?
     でもこれは大人の先入観。こどもたちは、柔軟に絵を受け入れます。

     近所の4歳6歳の女の子に読みました。
     「お約束守らなきゃいけないんだよ〜。」って、笑いながら楽しんでいました。

     登場する動物のキャラクターが、皆愛嬌があります。
    川も、読み進めていくうちに、そんなに深い川じゃないと想像してしまい安心感があります。

     のんびりゆったり、静かに時間が流れている一冊です。
     こんな風に、日々をすごせたらいいな〜と思います。

    投稿日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーニンガムさん

    ジョン・バーニンガムさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。優しいタッチで描かれた絵がとても素敵でした。とにかく気前のいい主人公の性格に嬉しくなりました。皆が揃えばそれだけで楽しい時間を過ごせる事を教えてくれる絵本でした。皆が寛いでアフタヌーンティーをする場面が幸せに満ち溢れていました。主人公の優しさのお陰で心が温かくなる作品でした。

    投稿日:2008/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ようやく読めました。

    名作に入る本だと思うのですが、今まで読んだことがなくてようやく読めました。
    どことなく、ルラルさんに似いてるような感じもしました。

    オチはお決まりのという感じもしますが、とても楽しそうで、一つずつ増えていくところが楽しいなと思います。

    投稿日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり川下り

    のんびり、ゆったり流れる時間がとても魅力的です。ガンピーさんの大らかな性格と思いやりが魅力です。ペンと色鉛筆の絵も魅力です。ガンピーさんのように誰にでも親切に、誰にでも平等に接することが出来たらいいなと思いました。約束が守られなくても皆でお茶をしたり、「また いつか 乗りにおいでよ」と言えるガンピーさんのこころの広さがとても素敵でした。読んでいてとても憧れました。

    投稿日:2009/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガンピーさん!が共通語に。

    私が大好きなバーニンガムの絵本。試しに読んでみたことろ、すごく気に入ったみたい。読み終わった後も、「ガンピーさん! ガンピーさん!」とうれしそうにしていました。
    船を見れば、「ガンピーさん!」と叫ぶ息子。保育園でも「ガンピーさんよむ」と先生に言っているらしく、先生は最初わからず「?」だったそうです。こんなに絵本に影響されていて、すごいなぁと改めて思いました。

    投稿日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのガンピーさん

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    何冊かバーニンガム氏の絵本を見ていたので、
    この本も選んでみました。

    独特なタッチで、ほのぼのとした素敵な挿絵でした。
    左側のガンピーさんと舟が、セピア色で、
    なんともいえないゆったりとした雰囲気が、醸し出されています。

    穏和なガンピーさんは、たくさんの動物を乗せてあげます。
    みんなでのんびり舟遊び。
    川の情景が穏やかで、癒されます…。

    投稿日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガンピーさんってやさしい。

    ガンピーさんが船を出そうとすると、
    子供たちがやってきます。「ぼくたちものせてよ!」
    「いいとも。けんかさえしなけりゃね」

    こうして、ガンピーさんの船にはネコやイヌや、にわとりや、豚など、
    いろんな動物たちものりこみます。
    もちろん、ガンピーさんはそれぞれ約束を
    を忘れません。

    でも、子供ってけんかするものだし、イヌはネコをおいかけるものだし・・・
    そんな約束まもれっこないよねぇ。
    絶対、やるぞ、やらかすぞ〜!
    と期待(?)しながら読んでたら、やっぱり!


    でも、ガンピーさんのすごいのは、こんなになっても怒らないってこと。
    ガンピーさんって優しい〜!!!
    小さなことに目くじらたてて、子供に怒ってばかりの私はちょっと反省。
    時々、ガンピーさんの船に子供たちものせてあげたいな〜。

    投稿日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいガンピーさんに首っ丈

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    ガンピーさんが小船をこいでいると『僕ものせて』とうさぎやらねこやら・・次々にやってきます。

    ガンピーさんは『〜しなけりゃいいよ』と優しく乗せてくれるのですが・・
    たとえばうさぎは飛んだりはねたり大好きでずっと我慢なんてできるわけない!・・ぜったい無理!なことなんですよね。
    そんなこんなで船の中は大騒ぎ!!

    やっぱり!!と子どもたちも大喜びで大さわぎです。

    子どもたちと動物たちっておんなじ!!だからすごく楽しいみたいです。

    じゃあ・・ガンピーさんはお母さん??ガンピーさんみたいな大人が回りにいたら幸せだろうな・・って思いますね。
    私も見習いたいです。

    絵も色鉛筆の優しいタッチが川遊びの涼しさにぴったりだと思います。
    読んだ後ほー・・とする本ですよ!

    投稿日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大海原をゆったり旅しているような

    ガンピーさんの舟に、「ぼくもいっしょにつれてって」「わたしものれるかしら」と、次々に子どもや動物たちが乗ってきて、そのうち舟がひっくり返ってしまうのですが、どんなことがあっても、穏やかな表情を崩さないガンピーさん。どんな生き物にも、同じように優しく接するガンピーさん。時に、我が子であっても、その子のあるがままを受け入れ、子どもの心を常に大切にしてあげることが、とても難しいことに思われます。心がささくれ立っている日でも、この本を開くと、小さな舟で大海原をゆったりと旅しているような気持ちになれます。サンタさんから娘へのクリスマスプレゼントの1冊でしたが、娘に読み聞かせながら、しあわせなクリスマスの夜を過ごすことができました。娘も、「ガンピーさん」という名前に親しみを感じたようで、何度も「ガンピーさん!」と、友達のように呼んでいました。

    投稿日:2008/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

71件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



シリーズ累計65万部超の大ヒット!海賊たちの運命はいかに?!

みんなの声(71人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット