となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

たまごにいちゃん」 みんなの声

たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784790250708
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,184
みんなの声 総数 174
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

174件見つかりました

  • 誰にもあるこの気持ち

    ずっとずっとおかあさんにあっためてもらいたい。もうこうしていられる時間ではないことは、なんとなくわかっているけれど・・・。

    子どもに限らず、こんな気持ち誰にでもあるなと思います。
    なかなか一歩踏み出せなくて。でも一歩踏み出してしまえば、あれ?どうってことないかも?

    幼稚園になかなか行きたがらない息子になにか伝わったものがあったかな?

    おとなの方にもぜひ。

    投稿日:2016/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキッとする本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ひよこ(にわとり)の成長を描いた本です。たまごにいちゃんは中身はとっくに大人だけど、たまごの殻を脱げずにいます。でもひょんなことからとうとう・・・。
    こういう経験、きっとみんなするんだろうなって思います。まだまだ子どもの自分でいたいって気持ち。一度、殻を破れば、なんてことないんですけどね。
    また娘が小学生くらいに読んでみたいと思います。

    投稿日:2016/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごにいちゃんが、たまごにいちゃんでなくなるときは、子どもによって
    まちまちなんでしょうね。
    たまごにはいっていることのメリットをしっかり把握していて、すばやく危険を避けようとするたまごにいちゃんの能力はくすっと笑えます。
    お母さんは自分の気持ちを外に出さず、あわてず騒がずで、さすがですが、殻が割れてしまったら、嬉しい反面ちょっと寂しいかなと思いました。

    投稿日:2016/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども心?

    兄弟たちはどんどん大きくなるのに、たまごの殻からずっとでたくないたまごにいちゃんの行動が子供らしいな〜と、微笑ましく思える絵本でした。ラストシーンで、たまごにいちゃんのお母さんのことばも素敵です。お気に入りの1冊となりました。

    投稿日:2016/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでたまごが良いのかな

    年中さんになり、壁で身長を測っては大きくなるのを楽しみにしている4歳の息子には、いつまでもたまごでいたいというたまごにいちゃんの気持ちがちょっと理解出来ないよう。「なんでたまごの方が良いのかなぁ」と不思議そうにしていました。
    でもたまごにいちゃんがうさぎの耳や、牛の鼻に入っている場面は面白いらしく兄妹揃って笑っています。
    それにしてもたまごにいちゃん、たまごの中は既にニワトリだったなんて!随分長い間たまごに入ってたのね。

    投稿日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんになりたくないたまごにいちゃん・・・
    ずっとたまごでいたいんですよね。
    ママに温めてもらえるから・・・

    そうですよね。
    おにいちゃんは、自分からなりたくておにいちゃんになった訳ではないんですものね。

    小さい時は何をしても怒られなかったのに、大きくなると怒られること、たくさんありますよね。
    弟は怒られないのに、なんでぼくだけ?!

    そういった葛藤と向き合うきっかけの本だと思います。

    殻が割れて卵から出たたまごにいちゃん。
    でも、そのお尻にはまだ卵の殻が・・・
    微妙な気持ちをそういった所で表現されていて、
    読んでいて面白いなぁ、と思いました。

    投稿日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんたちに好評でした

    小さな子供たちの前で読む機会があり読みました。

    コロコロたまごの手遊びをしてから読みました。
    真剣に聞いてくれている子もいましたが、意外にもお母さん方の反応がすごくよかったです。
    「こんな事思ってるのかなぁ」なんて今目の前にいるお子さんではなく
    幼稚園、小学校に通っている兄弟に思いを寄せている感じでした。

    こういう風にまたお母さん方がお兄ちゃんお姉ちゃんにこの本を手にとって読んで欲しいなぁと思いました。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘えたい男の子

    たまごにいちゃん。そのタイトルと表紙のイラストから、どんな内容なんだろうと興味を持って読み始めました。
    ほんとはもうひよこなんだけど、たまごから出たくないたまごにいちゃん。
    殻が割れないように気をつけて歩いてる様子にクスっと笑わずにはいられません。
    ちょっと滑稽なお母さんや弟とのやりとりもとってもほほえましいです。
    たまごでいたい理由は女親からしたらキュンとしますね。
    まだまだ甘えていたい年頃の悩みがうまく表現された素敵な絵本です。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • カッコイイよ!

    いつまでもたまごのままでいたいという気持ちは、分かりますよね。大きくなるのはちょっと不安です。いつまでもお母さんに温めていてもらいたいし、大事にされたいです。
    兄弟が生まれる頃にお兄ちゃんになんかなりたくない!と思う子は多いはずです。そんな不安に似ていると感じました。
    でも、たまごが割れてカッコよくなって、たまごでなくても大丈夫なんだ!大きくなるのも良いもんだ!って胸をはることができる、そんな素敵な絵本でした。

    投稿日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごにいちゃん

    たまごにいちゃんかわいいです。こんな子供って沢山いますよね。自分のこだわりみたいな。って、たまごにヒビが入って割れたら、あらにわとり。どんだけ殻に入ってたのー。2歳の娘も、大喜びでみてます。かわいすぎる。

    投稿日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

174件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット