まほうつかい まほうつかい まほうつかいの試し読みができます!
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
まほうをかけられると、あれあれ!? たのしいしかけ絵本

たまごにいちゃん」 みんなの声

たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784790250708
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,073
みんなの声 総数 168
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

168件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 「たまごにいちゃん」シリーズの第一弾

    「たまごにいちゃん」シリーズの記念すべき第一弾

    いつまでも卵のままでいたいたまごにいちゃん。
    弟達はどんどんひよこになっていくのに、一人かたくなに卵の殻をつけたままでいます。
    お兄ちゃんになりたくないお母さんに甘えていたいそんな気持ちがよく伝わってきます。
    私も一番上だったのでお兄ちゃんの気持ちわかるな〜

    殻が割れてかっこよくなったお兄ちゃんもいい感じです。

    投稿日:2018/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが気に入れば読みますが・・。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    たまごが成長すると、ひよこになって、ニワトリに成長するという成長段階が伝わる1冊ですが、2歳の子にはまだ理解できなかった様子です。それでも何か得てくれていたら良いですが・・。
    まだまだ赤ちゃんのままでいたいという想いは、兄弟ができた子が抱く思いかもしれません。この絵本はシリーズではありますが、親子ともにあまりこの絵本の絵が好みではなかったため、また読みたいとまでは思いませんでした。作者さんごめんなさい。

    投稿日:2018/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと早く出会いたかった!

    • molanさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    お兄ちゃん(お姉ちゃん)だけど、いつまでも堂々と甘えていたい…きっと子どもってみんなそうなんだろうな〜と思います。
    子どもたち(特に兄の方)は、このシリーズを読んであげる時、とっても嬉しそう。
    下の子が生まれて2年後くらいに知ったので、もっと早く出会えて読んであげられていたらなあと思いました。
    私自身が手元に置いて、子どもたちの成長を焦らず見守りたい時に読みたいですし、弟や妹が生まれてお兄ちゃんお姉ちゃんになった子たちに全員に読み聞かせてあげたくなるシリーズです。

    投稿日:2018/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子もたまごにいちゃん

    3歳の息子のお気に入りです。

    いつまでも赤ちゃんでいたい。というたまごにいちゃん。
    下の子が生まれたことで、いつまでも赤ちゃんでいたい。
    という気持ちをこの絵本で追体験?しているのでしょうか。

    赤ちゃん返りをしたりお兄ちゃん風ふかせたりと忙しくしているので
    この絵本を読んで赤ちゃん返りが少しでも収まるといいのですが。

    投稿日:2017/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子みたい…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    保守的で、挑戦しようともしない、いつまでも赤ちゃん扱いしてほしいたまごにいちゃんが、大人になるのもいいもんだ。ってなるお話。
    今年一年の息子を見ているようでした。
    いつまで甘えてんの?っていいたくなるけど、ぐっとおさえて近づいてきたら甘えさせてあげる。そんなんしてたら、いつの間にか自分で大人になっていくもんですよね。

    投稿日:2017/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰にもあるこの気持ち

    ずっとずっとおかあさんにあっためてもらいたい。もうこうしていられる時間ではないことは、なんとなくわかっているけれど・・・。

    子どもに限らず、こんな気持ち誰にでもあるなと思います。
    なかなか一歩踏み出せなくて。でも一歩踏み出してしまえば、あれ?どうってことないかも?

    幼稚園になかなか行きたがらない息子になにか伝わったものがあったかな?

    おとなの方にもぜひ。

    投稿日:2016/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキッとする本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ひよこ(にわとり)の成長を描いた本です。たまごにいちゃんは中身はとっくに大人だけど、たまごの殻を脱げずにいます。でもひょんなことからとうとう・・・。
    こういう経験、きっとみんなするんだろうなって思います。まだまだ子どもの自分でいたいって気持ち。一度、殻を破れば、なんてことないんですけどね。
    また娘が小学生くらいに読んでみたいと思います。

    投稿日:2016/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の成長はゆっくり見守りたいですね

    たまごにいちゃんが、たまごにいちゃんでなくなるときは、子どもによって
    まちまちなんでしょうね。
    たまごにはいっていることのメリットをしっかり把握していて、すばやく危険を避けようとするたまごにいちゃんの能力はくすっと笑えます。
    お母さんは自分の気持ちを外に出さず、あわてず騒がずで、さすがですが、殻が割れてしまったら、嬉しい反面ちょっと寂しいかなと思いました。

    投稿日:2016/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども心?

    兄弟たちはどんどん大きくなるのに、たまごの殻からずっとでたくないたまごにいちゃんの行動が子供らしいな〜と、微笑ましく思える絵本でした。ラストシーンで、たまごにいちゃんのお母さんのことばも素敵です。お気に入りの1冊となりました。

    投稿日:2016/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでたまごが良いのかな

    年中さんになり、壁で身長を測っては大きくなるのを楽しみにしている4歳の息子には、いつまでもたまごでいたいというたまごにいちゃんの気持ちがちょっと理解出来ないよう。「なんでたまごの方が良いのかなぁ」と不思議そうにしていました。
    でもたまごにいちゃんがうさぎの耳や、牛の鼻に入っている場面は面白いらしく兄妹揃って笑っています。
    それにしてもたまごにいちゃん、たまごの中は既にニワトリだったなんて!随分長い間たまごに入ってたのね。

    投稿日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

168件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / おててがでたよ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おおきくなるっていうことは / バムとケロのさむいあさ / ねえ、どれがいい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット