ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

たまごにいちゃん」 じいじ・ばあばの声

たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784790250708
評価スコア 4.73
評価ランキング 934
みんなの声 総数 166
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の成長はゆっくり見守りたいですね

    たまごにいちゃんが、たまごにいちゃんでなくなるときは、子どもによって
    まちまちなんでしょうね。
    たまごにはいっていることのメリットをしっかり把握していて、すばやく危険を避けようとするたまごにいちゃんの能力はくすっと笑えます。
    お母さんは自分の気持ちを外に出さず、あわてず騒がずで、さすがですが、殻が割れてしまったら、嬉しい反面ちょっと寂しいかなと思いました。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでもあかちゃんで・・・・・・・

    親でないからか、孫たちにはいつまでも赤ちゃんでいてくれてもいいかなあってちょっぴり思ってしまう私がいます。可愛くて愛おしいからいつまでもあかちゃん時代が長く続いたらいいなあって思っています。たまご兄ちゃんの気持ちも少し理解できるかなあって思いました。いつまでもおかあさんに抱かれていたい気持ちは、幾つになってもありかなあ(?)って思いました。たまご兄ちゃんみたいに素直に表現できたらいいし、いつまでも甘えれはくれないので、甘えてくれたら好きなだけ受け入れたらいいと思ってます。たまご兄ちゃんを見守っていきたいです!

    掲載日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おててがでたよ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おでかけのまえに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット