話題
2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜

2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜(学研)

おうち時間もお出かけも、この1冊で楽しく過ごせる!ハンディサイズのワークブックです!

  • 学べる
  • 役立つ

アローハンと羊」 その他の方の声

アローハンと羊 作:興安
文・解説:蓮見 治雄
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784772101851
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,342
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンゴルの空

    決して華やかな絵本ではありません。どちらかというと地味な絵本です。
    でも、子どもたちに読んであげたいなと思いました。
    モンゴルの草原で繰り広げられる物語。
    異国の文化と、でも人の気持ちは同じなんだと感じることができます。

    投稿日:2018/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルのお話は 「スーホの白い馬」は感動しました。

    保育園の子供たちも大好きなお話でした

    アローハンと羊の絵本を読んで モンゴルの遊牧民の生活の厳しさがよく分かりました

    興安さんは日本画の水墨画を学ばれたので ゆうだいなモンゴルをすばらしい絵で表現されています広々とした 草原(モンゴルに訪れた時 どこまでも続く草原の広さに驚きました)

    ゲルを組み立てて 季節ごとに移動して暮らす遊牧民の生活 アローハンは 羊の赤ちゃんを自分で育てます ホンゴルと名付けかわいがります  ホンゴルも又 アローハンをしたい 結婚したアローハンについて行くのです、幸せに暮らして 夫 バタールの馬頭琴の音色を 満点の星空の中で 聞いている絵が とても ステキデス!

    ホンゴルのこどもも アローハンの子供もいて こんな幸せな夜が・・・・

    雪の嵐が襲い ホンゴルは死んでしまうのです。  でも 夢の中でホンゴルは 「かなしまないで いのちは 永遠には 続かないものです
    雲になって見ていますよ・・・」

    こうした自然の厳しさを乗り越えて生きていく 遊牧民のお話が語り継がれているのだそうです。

    雲 それは 人の心に いろいろな 思いがつまって見えるのですね

    私たちも 散歩していて 空に浮かぶ雲をみて あっ! 羊みたい似見えるとか いろいろ 想像する事があります

    このお話は モンゴルに住む人と私たちを結びつけてくれるように思いました

    投稿日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット