季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ないた赤おに」 みんなの声

ないた赤おに 作:浜田 廣介
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2005年05月
ISBN:9784323038827
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,127
みんなの声 総数 23
「ないた赤おに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

  • ココロガ アタタマリマス

    娘が園で、この本を読んでもらっているので、家でも読んでみました。
    この前、違う『ないた あかおに』を読んだのですが、娘に拒否されました。
    おにの立て札の字が、『カタカナ』じゃないって・・・(笑)

    なるほど『カタカナ』いいですね!
    赤おにの真面目さ、優しいのに不器用なようす・・・すごく伝わってきます。
    時代背景も感じます。

    そして、この不器用さゆえに 失ってしまう大切なもの・・・。
    たくさんの『ないた あかおに』がありますが、この本は、かなり細かく丁寧に描かれている印象でした。
    切ない おにの友情物語。でも、心が温まる。
    深く深く味わうことのできる『ないた あかおに』です。。。

    投稿日:2013/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしいお話

    私がずっと前から読みたかった物語です。有名なんだけど、よく知らないので読んでみたいと思っていました。
    図書館で、いもとようこさんの可愛い鬼の絵で「コレにしよう」と選んできました。

    人間と仲良くなりたい赤おに。友達の青おには、自分が悪いおにになるからやっつけに来いと言います。
    なんて優しい青おに・・・。赤おには手加減しますが、青おには自分でわざとケガをして・・・。

    最後の立て札の場面、とても胸にくる物があります。とてもすごい友情。4歳の長女にはまだ長かった
    ようですが、この絵本は素晴らしいです。私は自分用に購入したいと思います。

    投稿日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の娘に読んであげました。
    今でもそうですが怖いとかハラハラする絵本はもう読みたくないと思うらしく一回しか読んであげることができませんでした。

    あまりにせつない内容なのでママと一緒に泣きながら聞いていました。
    まだ青鬼赤鬼それぞれの気持ちに共感できるまでいっていないようでしたが
    また大きくなったら読んであげたい本です。

    投稿日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心からの友情

    無償の愛とは?友情とは?
    離ればなれになってしまった赤鬼と青鬼のことを思うと、悲しみで胸がしめつけられます。
    とても考えさせられます。

    青鬼は赤鬼のためにどうすればよかったのか?
    それは誰にも分かりません。
    けれど、青鬼の赤鬼に対する“心からの友情”だけはハッキリと理解できます。
    無償の愛に、ただただ深く感動させられます。

    いもとようこさんの絵も素敵でした。
    赤鬼と青鬼の“手”だけが描かれた場面があるのですが、私はその絵がとても印象に残っています。
    悪役を買って出ることを提案する青鬼、それをためらう赤鬼。
    そんな中、青鬼が赤鬼の手を握り、ひっぱるのです。
    青鬼の手には、ためらいなんていうものは見えません。
    赤鬼のために犠牲になることに何の躊躇もない。
    そこには、はっきりとした友情が見えるだけでした。

    6歳頃〜読むとよいのではないでしょうか。
    何度も読んでいきたい絵本です。

    投稿日:2010/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無償の愛の美しさ

    私が小さい時に読んでもらった童話です。
    自分の娘にも是非読んで聞かせてあげたいと思って、節分の時期に合わせ、図書館で借りてきました。

    しかし、娘は「おにこわ〜い」と拒んでしまいました。
    読み聞かせするのにも、文章が長く大変だったので、
    親の私が昔を懐かしみ、読みました。

    「無償の愛の美しさ」
    とても心に響き、私が娘に伝えたい『気持ち』が込められた物語です。
    もう少し、娘が大きくなったときに、もう一度読んで聞かせてあげたいと思います。

    投稿日:2010/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思春期にどうですか?

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    娘が「オニさんが泣くんだよ。」と教えてくれて、図書館で借りてきました。
    どうやら保育園にあるらしいのですが、まだ、読んでもらったことがないそうです。(オニが泣くことは、お友達に教えてもらったようです。)

    じゃあ、早速読んであげようと思って、読みました。
    ちょっと、4歳の娘には、長かったようです…。
    何度か読んであげたのですが、最後までいかないうちに寝てしまいます。
    もう少し大きくなって、友達って何かが少しでも分かるようになったら、読んであげてもいいかなと思っています。

    読みながら、考えさせられた私。
    青オニさんのような人になれたら、すばらしいと思いました。
    本当の友達って何かな?と考えさせられました。
    友達関係に悩みながらも、自己中心的な時期、思春期の子に読んであげると、何か感じてもらえるのではないでしょうか?

    投稿日:2009/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙を流せずには読めません

    • おちびままさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    この本は、私自身が大好きだったので選びました。

    かなり字が多いので、実際に子供に読み聞かせるには長いお話でした。

    でも、すごく好きな本なので、声を出して読み続けていくと、やっぱり最後には感動して泣いてしまいました。

    赤おには、とても優しいおにです。

    でも、ともだちのために姿を消した、もっと優しい青おにさん。

    その思いを感じずにはいられません。

    せつなくて、心の奥がじーんとくる、素敵な本でした。

    そして、側で一緒にじっと聞いていた主人までもが「ほんとに感動するな〜」と号泣していました。

    大人でも絶対一度は読んでみて欲しいおすすめの絵本です。

    投稿日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    人間と仲良くなりたい赤おにのお話です。

    赤おにの気持ちを知った青おには、自ら悪役になって赤おにの為に大活躍します。
    本当はどちらの鬼も心の優しい鬼だという心温まる絵本です。

    “鬼”と言うと、何となく“悪者”のイメージが多いですが、この絵本に出てくる鬼は、本当に優しい鬼でした。
    鬼同士の友情が感じられる絵本です。

    是非、子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 失ってわかる大切なもの

    息子が園で借りてきました。ちょっと長いお話でどうかな?と思ったのですが、最後まで聞いていました。私は子どもの頃にも読みましたが、切ない気持ちが残ったのを覚えています。

    人間と仲良しになりたいと思った赤おに。それを助ける青おに。おにたちが人間と仲良くなる方法はこれしかなかったのでしょうか?自己犠牲、無償の行為というのがベースになった本。古きよき日本人の美徳ともいうべき心が描かれています。

    「ドコマデモ キミモ トモダチ」という青おにの手紙がとても印象に残る本です。

    子どもの頃「失ってわかる大切なもの」をこの本で初めて知りました。

    投稿日:2007/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友情って

    表紙のユーモラスな赤おににひかれて、子供が手にとった本ですが、ちょっとお話しが長くてあきてしまったようです。特に最後のカタカナの手紙は読むのがむずかしいですね。この本は、私も子供の頃に読みましたが、あまり感動しませんでした。青おにの
    したことは本当に赤おにのためになったことなのかな、となにかしっくりこないものがありました。青おにが去ってしまったあと、それでも赤おには人間と普通に仲良くしていたのでしょうか。私は、これが本当の友情だとは思わないのですが。

    投稿日:2007/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット