改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは?
文: ジュリア・ドナルドソン 絵: アクセル・シェフラー 訳: 久山 太市  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
英国王室、ウィリアム王子の子どもたちが大好きな絵本として、TVで紹介されました!

もこ もこもこ」 ママの声

もこ もこもこ 作:谷川 俊太郎
絵:元永 定正
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784580813953
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,086
みんなの声 総数 687
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

611件見つかりました

  • 色彩の美しさ

    いろんな雑誌に紹介されていて、中身を見ずに購入してしまった。話の内容はわたしにはすこし難解。ですが、色彩の美しさにはほれぼれ。心が洗われるような画面にうっとり。今のところ、子どもには擬音語の楽しさでしかアプローチできていませんが、もう少し大きくなったら、物語考えさせたりできるんだろうか・・・な?意外な発想で読めるのかも。

    投稿日:2007/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • BGMで盛り上がります!

    赤ちゃんの頃から、楽しめます。
    「もこ」「もこもこ」等をいかに感情たっぷり読めるか、がポイントですね。
    楽しげなワルツをBGMに読むと喜びます。
    子どもの友達を集めて読むと、みな一生懸命「もこ」を指で追います。
    盛り上がりますよ!

    投稿日:2007/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子は興奮,読み手も力が入ります

    • モコママさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    見開きいっぱいに描かれた美しい色合いの絵に「もこもこ」「ぎらぎら」といった擬態語だけでつづられたシンプルな絵本です。
    それまでに感想を読んだことがあったので予測はしていたのですが,最初はやはり変った絵本だなぁという感想を持ちました。ただ,一歳七ヶ月の息子は,気に入ったようで「もう一度」とせがんできます。「この本の魅力は何だろう?」と不思議な気持ちでもう一度読むと,息子はさらに興奮し,身振り手振りを加えながら言葉を真似し始めました。特に「パチン」のところは手をバンザイにして,つばを飛ばしながら「ぱちん!!!」と大声で叫び始めました。すると,だんだん読み手の私ものってきて,どのように読めばより面白いかを,声のトーンを変えたり,間を入れたりで工夫して何度も何度も繰返し読み続けました。最後には二人ともぐったりしてしまいましたが,子供も読み手も我を忘れてはまってしまうな不思議な魅力のある絵本だと思います。

    投稿日:2007/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • いちばんのお気に入り

    1歳になる前に児童館の読み聞かせで読んでもらったときには、まったく興味がないようであちこちよそみばかりしていた息子。

    半年経って、図書館で見つけたので、もう一度読んでみようかな。。。と思い、借りてみました。

    息子の反応に期待はしていなかったんですが、今回読んでみると。。。興味しんしん!
    私も驚いてしまうほど 喜んですっかり絵本にくぎづけになっていました!
    はじまりの「しーん」の部分からもう絵本に引き込まれていき 「もこもこもこ」の部分で大ウケ!
    「もぐもぐ」で自分も口を動かして食べるマネをして楽しんでいます。

    息子がここまで夢中になる絵本に出逢えたのははじめてです!
    私も最初は「?」と思い、理解できない。。。と思っていたのですが、くりかえし読めば読むほどおもしろさがあふれ出て来て 今では私にとってもお気に入りの一冊です。

    不思議な生物の誕生から終わりまでの短いおはなし。

    それだけなのに、読む人の心を引きつけます。

    空の色がページごとに変わっていくのですが、全部とてもきれいな色使いで、眺めているだけでも満足です。

    おもしろい絵本です!おすすめ!

    投稿日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱりすごい。

    今年4歳にこれからなる子と、2歳になったばかりの子に同時に読み聞かせるので、あまり長いお話だと下は退屈そうだし、上にはだんだんそれなりに長いのも読んでみたいしで、絵本選びは複雑なのですが。こういうパターンはほんとうに2人して盛り上がる。上は覚えたてのひらがなを読んでみることを楽しむし、下は私が読んだ言葉をそのまま繰り返しているうちに暗記してるし。シンプルすぎない?と名作と知りながらなかなか手に取らずにいましたが、はまってからは谷川さんの言葉遊びの絵本、かたっぱしから読みあさってます。

    投稿日:2006/07/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • へんな世界が魅力

     谷川俊太郎さんが、すこしへんな絵本が できたと言っていますが、ほんとにへんなえほん(笑)。

     「しーん」から始まって、なかみは「もこもこ」だの「にょきにょき」だのそんな言葉しかでてこない。そして最後はまた「しーん」でおわる。ちゃんと起承転結ができているんですよね。字が最初にできたのか、絵が先に出来たのかわかりませんが、これがぴったり合ってるという。ほんとにへんなえほん(笑)。でもそこがまた魅力だったりするんです。

     なんかへんな世界に巻き込まれた気もするけれど、このえほん、なんか良いぞ。

    投稿日:2006/06/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動いているように見えるから不思議

    私の中で、「不思議絵本シリーズ」です。
    が、その中では、入門編というか、わかりやすい絵本です。

    文字と、絵がぴったり合っていて、擬音語に絵をつけたら、こんな風になるのだろうな、理解できます。

    少ない言葉で、一枚一枚の絵が動きがあるように見えるのが、とても不思議です。
    それが、この本のパワーなのかなと思います。

    うちは、もう4歳なので、買うタイミングを逃してしまったようですが、1、2歳のお子様をお持ち方は、とてもいい本だと思います。

    投稿日:2006/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きです!

    「しーん」「もこ」で始まる擬音の世界。
    谷川さんも元永さんも私は大好きなので、この絵本は息子がまだ小さいころからよく読んでいました。
    「もこもこ」っていう響きがすごく楽しいのか、よく笑ってくれました。
    「つん」っていうところが、息子の大好きなおっぱいに見えて、「ぱいぱい」なんて言いながら指をさしたり(笑
    最後のページ、カバーをめくると、また「もこ」って出てきてるのを発見したときには、大喜び。
    普通なら破られないようにカバーはあらかじめとっちゃうことが多いんだけど、最後に自分でカバーをめくって「もこ」を発見しないと気がすまないようなので、この絵本はあえてカバーをつけたままです。
    遊んでいるときも、テーブルの下から「もこもこ」なんて顔を出すと大喜びです。

    擬音だけの世界だけれど、とてもとても深い絵本だと思います。

    投稿日:2006/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供が選んだ本

    • 金木犀さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子2歳

    お友達の家で見せてもらったのですが、なんだかとても気に入ったらしく、
    家に帰ってからも「もこもこもこもこ」。ずーっと「もこもこ」。

    後日本屋さんで見つけて娘に見せると、「もこもこ!」
    彼女の「好き」という気持ちがうれしくて買って帰りました。
    家に帰ると「もこもこ、見よー!」

    気に入りすぎて、何度も読まなければいけないことはちょっと苦しいけれど
    ぬいぐるみを抱きながら聞いている姿につい負けてしまいます。

    子供に選ばせるのも悪くないなって思いました。

    投稿日:2006/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい

    2歳の息子のお気に入りの本です。言葉がよくわからない子どもにとって、簡単な音だけがかいてあるし、絵もおもしろく、喜んで見ます。最後は、また、つづくなーと大人でも興味を持ってしまう本だと思います。小さい子におすすめ。

    投稿日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    1

611件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット