オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

もこ もこもこ」 せんせいの声

もこ もこもこ 作:谷川 俊太郎
絵:元永 定正
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784580813953
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,093
みんなの声 総数 688
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 想像を絶する絵本

    0歳から大人まで、どの人でも楽しむことが出来る、素晴らしい絵本だと思います。
    擬音、色、曲線、全てが絶妙で、なぜかクセになってしまいます。
    さきが読めないので、大人でも「次はどうなるんだろう」とドキドキしながら、読んでしまいます。

    投稿日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 余韻を楽しめる絵本!

    効果音のみで進んでいくストーリー。その分ゆっくりと1ページずつ余韻を楽しみながら読める絵本だと思います。

    子どもが1歳になった頃に買ったのですが、すぐにお気に入りとなり、今では何回も修理ていてボロボロです。それでもまだ毎日見ています。

    「もこもこ!」…。読んで欲しくて何回も叫んでいた我が子が懐かしいな…。ぜひ親子で読んでほしいです。

    投稿日:2014/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の魅力

    初めて読んだときは、「意味が分からない」でした。
    でも、2回・3回・4回・・・読んでいくうちに、この絵本にすっかりはまってしまいました。子どもたちもジーッと絵本を見つめています。中には、ニコニコ笑っている子も。

    きっと読み手の読み方によって、この絵本はいろいろな形に変化すると思います。

    投稿日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近年絵本の大傑作

    この本が、「近年の絵本にも素晴らしい作品がある!」と気づかせてくれた作品です。
    恥ずかしながら、それまでは、「良い絵本というのは、長く受け継がれている古い作品だ」というのを鵜呑みにしていました。

    しかし、中学校の職員研修で、図書館司書の方にこちらを勧められ、その奥深さに一発でやられてしまいました。

    実際、中学生に読み聞かせても、絵の構成の奇抜さ、言葉運びのおもしろさからか、多くの子を惹きつける力のある絵本でした。

    1歳の娘も、今、これが大好きです。
    数回読んだ後に、裏表紙の三角のアレを指して、私と同じトーンで「ふんわ、ふんわ」と言ったときにはびっくりしました。
    0歳の頃に一度試しに読んでみて、確かに鮮やかな絵に見入っているかなとは思いましたが、さほど好んで、という印象は受けませんでしたので、お勧めは1歳〜大人までです。

    投稿日:2009/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見えない…

    • あ〜こさん
    • 20代
    • せんせい
    • 愛知県

    子ども達が大好きなこの絵本。
    私達大人には分からない『何か』があります(笑)
    何度でも何度でも自分達で広げて読んでいます。

    「先生」
    「おぉ!?」
    何度も何度も子供達が読むものだから、ついに本が修復不可能な状態に…
    それでも読みたがる子供達。
    新年度までには買い換えたいものです。

    投稿日:2008/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです

    音と、単純なイラストしか描かれていないシンプルな絵本。

    膨らんだり、ぱちんと割れたり・・・
    とってもシンプルなんだけど、奥の深い絵本です。

    赤ちゃんから十分楽しめ、字の読めない小さなお子様でも
    絵を見て、お話が読めてしまいます。

    2.3歳の子どもたちには、大人気の絵本です。

    投稿日:2008/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最近我がクラスで大人気の絵本です。

    先日、2歳児の子どもが他の友達を目の前に座らせてまるで私のまねをするかのように、読み聞かせをしていました。

    私が読むときの特徴をしっかり真似しながら…(笑)

    子どもたちの耳にも自然に入っていく文章のようで、きちんと一字一句間違えることなく読んでいたことには遠目で見ていた私もびっくり!!

    なんて素敵な絵本なんだろうと改めて実感してしまいました。

    投稿日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • もこっ!

    「しーん」「もこ」「もこもこ」・・文字自体は少なく、色彩も強烈に目に入ってくる作品ではないのですが、読み始めると1人1人と子どもたちがやってきます。
    何度も読んでいると、子ども自身から「しーん」「もこ」など言葉や、人差し指を口に持っていって‘しーん’や手と手を合わせて‘ぱちん’など表現する姿など見られます。
    文字数が少ない分、子ども自身の想像する力がついてくるのだと思いますよ。

    投稿日:2007/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本

    はじめて読んだときは衝撃的でした。
    意味がわからなかったんです。
    なんだこりゃ!!!って思いました(笑)
    だって、ことばは「もこっ」や「シュー」しかないですし、絵も、動物や人間なんか出てこなくて、得体の知れないものが描かれているだけなのですもの・・・。

    しかし人に読み聞かせてもらって、そしてそれを聞いている子どもたちの反応をみてわかりました!!たぶん、意味なんてはじめからないんです。
    私たち大人は、知らず知らずのうちに意味を必死に考えながら本を読んでいるのかもしれません・・・しかし子どもたちは感覚で絵本を楽しんでいるのだろうなぁという風に私は思いました。子どもたちのこと、まだまだ理解が足りなかったなぁと考えさせられました。

    子どもたちが大好きな絵本・・・
    なんだかわからないけど、不思議でおもしろい絵本・・・
    なんなのだろう?なんだろう?と思っているうちに
    すっかりはまってしまう絵本・・・・

    あなたはこの絵本をどう感じますか??

    投稿日:2006/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き込まれていく…

    少ない言葉と単純な絵。これだけでこれほどに引き込まれる絵本があるだろうか。。と思わせるほど、すばらしい絵本だと思います。意味はそれほどないけれど、子どもの五感がはたらくような、そんな感じがします。大人の読み方次第で、子どもたちはこのユーモアな世界に浸れるのだと思います。

    投稿日:2006/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット