話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

おうしのアダムがおこりだすと自信を持っておすすめしたい みんなの声

おうしのアダムがおこりだすと 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:マーリット・テーンクヴィスト
訳:今井冬美
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年
ISBN:9784323030210
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,574
みんなの声 総数 5
「おうしのアダムがおこりだすと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ロッタちゃん絵本シリーズ」「長くつ下のピッピ」「やかまし村シリーズ」と我が家もリンドグレーン作の本にはまり読んでいます。
    リンドグレーンさんの万人の子供たちに対する愛が,書かれる本にも伝わり子供心をこうもつかむのだと読むたびに思います。
    こちらの絵本も,大暴れしてしまったおうしのアダムを鎮めることができたのは小さな少年。素敵ですね!

    投稿日:2018/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもってすばらしい

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    いつもは大人しい雄牛のアダムがあばれだします。
    大人たちはどうすることもできません。
    とうとう、撃ち殺せと言う人も出てきます。
    そんな時、7才のカッレは状況を冷静に見て判断します。
    そしてアダムに優しく話しかけるのです。
    その一言が温かいのです。この訳は素晴らしいと思いました。
    見事にカッレはアダムをなだめる事ができました。

    絵がおはなしにぴったりです。
    タイトルページのカッレの絵で、カッレの性格が分かります。
    動物の世話をしているスベンソンさんの最初の絵からも、スベンソンさんの動物への愛情が伝わってきます。
    カッレがアダムをなだめるシーンの絵が一番好きです。

    それにしても、アダムはなぜ暴れだしたのでしょうね。

    投稿日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • アダムとカッレ

     牛のアダムが、なぜかごきげんななめ。あばれるアダムに、びっくりしているニワトリたちがかわいそうです。鳴き声がきこえてきそうです。アダムをなだめたカッレはどうして、アダムのかゆいところがわかったのでしょうか。

     横長サイズのデザインに、パノラマのような絵がとてもはえます。
     農村の様子や、人々の表情が細かくて、みごたえがあります。白樺の木も北欧らしいです。

    投稿日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット