はずかしがりやの しろうさちゃん はずかしがりやの しろうさちゃん  はずかしがりやの しろうさちゃん の試し読みができます!
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
海辺の村のおばあちゃんの家ですごす夏休みのお話。はずかしがりやのこどもの気持ちを、丁寧な絵で描いた絵本。

百まいのドレス」 その他の方の声

百まいのドレス 作:エレナー・エスティス
絵:ルイス・スロボドキン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年
ISBN:9784001155792
評価スコア 4.77
評価ランキング 616
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1954年 太平洋戦争が終わって9年後に出版された、物語なのですね。
    ワンダ・ベテロンスキーは13番教室の一番は死の列の後ろから2番目の席に座っています。
    はじめにこんな話から始まり ワンダがみんなから差別されているのを感じました、なぜ?
    話を読んでいると どんどんと のめり込みました。

    「百まいのドレス」

    この意味が分かるのは先のことですが、ペギーとマデラインは、ワンダがいつも青いワンピースをきて、しかもしわだらけで いつの間にか ワンダをドレスごっことして いじめていくのです

    女の子のいじめ これは昔も今もあまり変わらないと思いました
    誰かしら いじめて おもしろがる 
    この人間の心理は なぜ生まれるのでしょう?

    マデラインは、いじめている自分がいやになり 悩みます。
    でも ペギーに、虐めはやめようと、手紙を書きかけて できない!
    この 苦闘の気持ち、そして 悩み苦しむ、 

    貧乏で 移民で いつも同じワンのピースのワンダをいじめている
    百まいのドレスを 持っていると言い張るワンダの気持ち 
    心の強い子だな〜 
    この子の夢は、 百まいのドレスを絵に書くことで 表現しているのですが
    虐めを受けたとき このような 強い気持ちでいられるワンダは すごいな〜

    そして いじめていることに悩む この対比!
     
    今の子供たちのいじめは 形は違いますが いじめていることに対してこんなに深く悩んでいるのでしょうか?
    もし マデラインのように悩んでいるならば、 人間としての優しさを持っているのが 痛いほど分かります

    ああ〜 このお話のように 人間の優しさを思い出してほしい
    虐めで 自殺する 子供の事を思うと・・・・・

    このお話は、 高学年の 思春期を迎える子に読んで欲しい本だと思います! もちろん大人にもお奨めです!

    投稿日:2010/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊びのつもりが・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    テーマとしては難しいようで誰にでも起こりうる出来事のような気がします
    女の子って衣服とか、身につけるものに鋭い感覚を持っていますものね
    またいじめているという感覚がなくて、こうした行動をとることが実は一番多かったりしているんではないかな・・・?
    いじめについては、私は何度も記してますが、いじめるほうが100%悪いという考えです
    毎日同じ服だから、うそつきだから、それがいじめる理由にはならないのです
    後悔する子どもの行動と心理はこのお話で充分伝わったでしょうか
    まずは大人が良い見本とならなければいけませんね

    投稿日:2010/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット