新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

百年後を生きる子どもたちへ 「帰れないふるさと」の記憶」 みんなの声

百年後を生きる子どもたちへ 「帰れないふるさと」の記憶 作・写真:豊田 直巳
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
税込価格:\2,200
発行日:2020年01月15日
ISBN:9784540192067
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,131
みんなの声 総数 2
「百年後を生きる子どもたちへ 「帰れないふるさと」の記憶」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やるせない思いを引きずりながら

    このような写真絵本を見て、つくづく思います。
    復興なんて絵空事ではないだろうか。
    確かに復興はあるかもしれないけれど、閉ざされて埋もれていく現実があることを、今一度考えなければいけないと痛感します。
    長年続いてきた平穏な暮らしを奪われ、帰る見通しも失った関場さん夫妻を通して、弱者を無視してでも突き進んでいく、復興の虚構が、全てを埋め尽くしていくのだと虚しいばかりです。

    投稿日:2021/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 東日本大震災の後、住み慣れた場所を出ることになり、そして帰れなくなった。

    死ぬまで住むことが出来ない、死んでもなお住むことが出来ない、そんな場所になってしまった町。
    知り合いも散り散りとなり、懐かしむ人々も年々減っていくことでしょう。

    手入れされない町は、次第に草や木が生い茂っていく。
    自然の強さ、逞しさを目の当たりにすると共に、脆く儚い人間社会の哀しみが対比しており、心揺さぶられます。

    その地に望郷の念を抱く人がいなくなる前に、何とかして、そこに人々が生きていた・・・ そんな証を残したいという人達の思いが詰まった一冊です。

    投稿日:2020/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット