虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

こんなしっぽでなにするの?自信を持っておすすめしたい パパの声

こんなしっぽでなにするの? 作:スティーブ・ジェンキンズ ロビン・ペイジ
絵:スティーブ・ジェンキンズ ロビン・ペイジ
訳:佐藤 見果夢
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784566008595
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,603
みんなの声 総数 14
「こんなしっぽでなにするの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい パパの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい科学の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    小学校の推薦図書だったので読んでみました。
    この絵本を推薦するなんて、わかっている人っているのだなと感心したくらい、科学絵本としては良く出来ている絵本だと思います。

    何といっても、動物のパーツを見せて、何をするのかな?という構成が、子供の興味を大いにくすぐってくれます。
    たとえば、最初の頁は鼻。
    カモノハシの鼻が平べったいのは、川底のドロを探るとか、ワニは水中で身を隠したまま、鼻で息をするとか、なるほどと頷くことばかり。
    子供だけでなく、大人にとっても、とても勉強になる科学絵本に仕上がっていると思います。

    そして、一番の気づきは、島田 ゆかさんの作品のガラゴが実際の動物だとわかったことです。
    ガラゴって、島田さんのオリジナルの動物だと思い込んでいたので、目から鱗の発見でした。

    是非 小学校低学年のお子さんに読んで欲しい絵本です。

    投稿日:2007/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット