話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

SLれっしゃだいさくせんふつうだと思う みんなの声

SLれっしゃだいさくせん 作・絵:横溝 英一
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784338006644
評価スコア 4
評価ランキング 23,451
みんなの声 総数 9
「SLれっしゃだいさくせん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学生の兄弟の鉄道の旅

    電車好きの息子が3〜4歳くらいのときに、繰り返し読みました。
    鉄道好きの小学生の兄弟が、SL列車只見号に乗って会津から只見へ、乗り換えて越後湯沢、新幹線で東京に戻ってくるお話です。
    横溝英一さんの本には、兄弟二人が電車で旅をするお話が多く、どの本も息子は大好きです。
    息子も3歳ながら、路線図を見て、地名や駅名を覚えています。
    このままこの絵本に出てくる兄弟のように立派な小学生に成長してもらいたいものです。
    路線図や時刻表を見ながら、自分たちできちんと計画をたて、実行する。素晴らしいことです。
    立派な小学生のお手本のような子どもたちです。

    ただし。
    なんというか、いつも同じパターンで、母親としては、少々読み飽きてきました。
    路線や電車や風景が変わっても、物語のパターンが同じなので、何冊も読むのはしんどいのです。
    息子はそれでもいいみたいですが。
    しかも。OL風の二人の女性が、大してSLに興味もないようなのに、貴重なチケットを手に入れて、おまんじゅうを食べたり、蕎麦を食べたりという旅行をしています。
    そのOLたちに、「電車に詳しいのね」なんて褒められるシーンは、鉄道ファンの夢なんでしょうか。
    なんだかなあ。気持ちよく読めるとは言い難いです。

    投稿日:2016/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • SL好きの子のための本。

    子供が列車好きなので借りてきた本。

    SLあいづ ただみごう に、兄弟二人で乗るお話。
    SLの絵が細かく、ターンテーブルの絵を興味深そうに見てました。

    こういう絵本を読むと、実際に乗ってみたくなります。
    そして、地図のページをみて、ここのところをSLで行って・・・と二人のとった道筋を指でなぞりながら確認してました。

    投稿日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗ってみたいなぁ。

    会津若松から只見まで走っているという「SL会津只見号」に乗る話で
    す。
    横溝英一さんの話は、いつも、この路線に乗ってみたい!と言う気に
    させられますが、この路線は特にそう思いました。
    乗り物好きなお子さんにお薦めです。

    投稿日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / バムとケロのにちようび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット