はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

わたしのワンピース」 パパの声

わたしのワンピース 作:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784772100182
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,092
みんなの声 総数 420
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夢のあるお話

    1歳の娘と一緒に読みました。自分に娘が生まれたらぜひ読みたいと思っていたこの本。対象は3歳くらいからだそうですが、待ちきれなくって読みました。とても夢のある素敵なお話です。娘は星を知っているので、星が沢山描かれたページが気に入って何度も何度も見ていました。ちゃんとお話が分かる年齢になるまですごく楽しみです。

    投稿日:2010/08/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 散歩にでかけたくなる絵本

    ワンピースを着て、お散歩へ。
    お花畑を歩くと花柄に、
    雨の中歩くと、水玉柄に、
    ワンピースの模様が次々に変わる様子がとても楽しく、
    とってもおしゃれな気分にさせられます。
    次はどんなところを歩くのか、気になっていたら・・
    ついには空まで飛んでいってしまいました。
    なんだか子供を散歩に誘いたくなる絵本です。

    投稿日:2010/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ワンピースが似合う男に…。

    妻が3歳の息子に読んでいるのを側で聞いていた私は思わず吹き出した。
    うさぎの白いワンピースが色々な模様に変わっていく単純なストーリだが、3歳の息子にとっては魅力的らしい。
    「私のワンピース似合うかしら?」と問いかけると
    「似合う!似合う!」と連発。
    最後には「僕もワンピース欲しいなぁ〜。」で締めくくった。
    丸坊主にワンピース姿を想像してみた…。
    息子はワンピースがどんな物か、わかっていないらしい、しかし皆に「かわいい!」と言われたい気持ちは子供の世界では、男女問わず同じなんだ。と実感した1冊でした。

    投稿日:2006/04/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 女の子の夢

    読んだとき、まず感じたのは
    「絵がちょっとなー」
    でした。
    はっきりいって「上手い」の部類には入らないと思います。
    でも娘のうけは抜群でした。
    「かわいい」
    「きれい」
    「にあう」
    を連発。
    文章も少ないので、ほとんど覚えてしまって
    「あれっ ワンピースが みずたまもようになった」
    と一人でお話会をしています。
    自分でよみながら
    「ラララン ロロロン」
    でニコニコしています。
    絵・お話も簡単ですが、
    おしゃれがちょっとわかり始めた
    ちょっと大きい子の方が、
    楽しめるかもしれません。
    スケールは小さいけれど、
    「女の子の夢」なのかもしれませんね。

    投稿日:2006/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろかった

    • マキリンさん
    • 30代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    おはなしの内容がよかった。
    はだかの「うさちゃん」が不思議な服をきることができた。
    いろいろ「うさちゃん」に思い出ができた。

    投稿日:2002/05/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作!

    子供は現在10ヶ月。生後3か月から読み聞かせています。気に入らない絵本だとすぐに閉じたりそっぽを向いたりするのですが、絵が好きなのかストーリーが好きなのか(両方?)、いつもじっと見入るように聞いています。この絵本は読み手にとっても楽しめます。

    投稿日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて見ました

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    周囲の評判が非常に高い作品で、よく耳にしていたのですが、子供ができて初めて読みました。
    男の子にはどうだろう?と思ったら意外や意外、最初からすんなりと世界に入ってくれたようです。
    いつもは車か機関車ばかりなのに、こういった絵本にも引き込まれるんだなあと改めて絵本の底力を感じました。

    投稿日:2014/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポが良い本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1969年初版で、135万部を突破しているロングセラー作品です。
    お話は、真白な布が空から落ちてくるところから始まります。
    ウサギさんは、その布でワンピースを作って外へ出かけるのですが、その模様が次々に変化するのです。
    その変化が子供にはたまらないのでしょう。
    特に、我家では、小鳥の模様になって空を飛んでしまうところが大受けでした。

    それに、文章も小気味良いので、テンポ良く読み聞かせ出来ると思います。
    2歳位から十分に楽しめる一冊で、特に女の子にオススメします。

    投稿日:2008/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 模様!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子2歳、男の子0歳

    うさぎさんが白いキレで作ったワンピースで散歩にでると
    あら不思議、花模様になったり水玉模様になったりといろ
    んな模様に変わっていくとても可愛らしいストーリーです。
    絵は好みがでると思いますが、文章は読みやすくお洒落な
    感じで「ララランロロロン〜私に似合うかしら」のフレーズ
    はリズム感も良く頭に残ります。
    最近、家に一つだけあるシルバニアファミリーの人形の服を
    ドキンちゃんやバタこさんに着せて遊んでいる娘は、
    いろんな模様になるワンピースに興味津々です。
    南風さんのレビューを読んでからは家も読み終えた後に
    「どんなワンピースが欲しい?」と聞いています。

    お気に入りの場面
    娘&僕:いろんな模様に変わっていくワンピース

    投稿日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワンピースの柄が変化

    洋服に興味がある娘は、ワンピースの柄が変化するところが、気に入ってます。
    「はなもようになったぁ〜」、「みずたまもようになったぁ〜」「ことりのもようになったぁ〜」と声をあげて読んでいます。
    わかり易い内容で絵の変化だけでも十分に楽しめるので、一歳代後半くらいから楽しめると思います。

    投稿日:2005/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / おててがでたよ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット