宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

びっくりいろあそび」 せんせいの声

びっくりいろあそび 作・絵:チャック・マーフィー
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年
ISBN:9784499303804
評価スコア 4.78
評価ランキング 501
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原題は「COLOR SURPRISES」といいます。10年以上前に卒業生からプレゼントされ、今も大事に授業で紹介しています。クイズ的な楽しい仕掛け絵本です。色の名前以外は言葉はありません。赤いもの?毎年学生の答えは「りんご、トマト、いちご、ポスト、信号…」黄色は「バナナ、レモン、ひまわり、星、…」どういう訳か食べるものを真っ先に答える傾向があるようです。でもこの絵本の正解は?色の部分をめくったり、引いたりすると現れるものにみんな意外だからかびっくり!しています。その様子を見るのも楽しいのです。まさに「びっくりいろあそび」です。

    言葉遊びとしても、色遊びとしても楽しいし、仕掛けをめくる楽しさもあります。本気で楽しむコツは、固定観念をなくすことでしょうか。家庭に1冊ほしい。親子の関係がより豊かになること間違いなし!の絵本だと思います。

    投稿日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ぼちぼちいこか

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット