ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

げんきなマドレーヌなかなかよいと思う みんなの声

げんきなマドレーヌ 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1972年11月
ISBN:9784834003628
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,227
みんなの声 総数 105
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • マドレーヌの第一作目

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    マドレーヌシリーズの大好きな5歳の息子。
    「げんきなマドレーヌ」はシリーズの第一作のようですが、
    今回初めて読みました。

    前半は12人の女の子達の寄宿学校での生活が描かれています。
    そして、突然盲腸になるマドレーヌ。
    マドレーヌを見舞って、
    マドレーヌみたいに入院してみたくなったのか、
    最後は他の11人全員が仮病で泣いている中、
    先生のミス・クラベルが全く取り合わないのが笑えます。

    文章は他のマドレーヌの絵本よりとっても短かく、
    ちょっと物足りない気もしましたが、
    挿絵は他のシリーズ同様かわいらしかったです。

    投稿日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘にオチを教えられました。

    • なつえさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳

    長く愛されている絵本だと知って、図書館で借りてきました。

    3歳の娘には…ちょっとまだ早かった?
    設定が(おそらく)寄宿学校というところから「???」。「ほら、『くまのがっこう』みたいなところだよ」と説明すると、「ああ」とわかったようなわかっていないような…ミス・クラベルと何度も「お母さん」だと言い「子どもがたくさんいるねえ」と。ミス・クラベルの服も気になって仕方がない様子。

    テンポよくリズムよく話が進むので、私は話に引き込まれるのだけれど、娘は「ふっても」「てっても〜」から動物園まで、すべて1日のできごとだと思って「ずいぶんとおい動物園まできたねえ!」。(娘曰く、「だって家に帰ってないもん!」)

    そんな風にとんちんかんなまま読み進めていると、マドレーヌをお見舞いに行くところから娘が食いつき始めた。おもちゃいっぱい、お菓子まである病室に夢中になり、ベッドのハンドルを回して遊ぶ女の子に共感。傷をみせるところなんて「気持ちわかる〜!」(どんなにちっちゃい切り傷にも傷テープを貼りたがり、見せびらかしに来る娘ならでは…)

    お見舞いに行った日の夜、皆が夜中に騒ぎ出すところ、私は「みんな、マドレーヌがかわいそうで、一緒に病院にいてあげたかったんだなあ」なんて考えていました。ところが…娘は「みんなおもちゃで遊びたいんだよ!さっきさあ、おもちゃもおやつもあったでしょ?」。

    内心で「ええ?そんな…」と思って娘とページを戻ってみると…確かにパンを食べる場面、歯を磨く場面、寝る場面、すべて『悲しんでいる』というよりは、どちらかというと『ふてくされている』表情。
    娘も「パン食べたくないんだよ。キャンディーの方がいいんだよ」

    最初から素敵な絵、素敵な話で、すっかり感化されていた私。まさか最後にオチがあるなんて思いもしなかった。私の頭はすっかり固くなっているなあと反省。長く愛される理由がわかりました。

    前半部分がほとんど理解できていない娘。間をあけてまた読んだとき、もっと他の部分も気づくかなあ…と購入を決意。


    …ところでお見舞いから帰った夜、パンを食べる場面で12人も女の子がいるのはなぜ?他の場面はマドレーヌ以外の11人の女の子なのに。何か意味があるのかな?

    投稿日:2016/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリの子ども達

    子ども達に読み聞かせた後は、最後のページに小さく書かれたパリの案内を私一人で読んで楽しんでいます。
    よく見ると、確かにノートルダム寺院やサクレ・クール寺院、リュクサンブール公園などがしっかり描き込まれています。
    怖いもの知らずで飄々としたマドレーヌちゃんと、パリの風景がとても魅力的。
    それに寄宿舎というのも、女の子なら誰もが一度は夢見た場所ですよね。(私の場合、『おちゃめなふたご』の影響も強いと思います。)
    今は泥棒のページばかり見たがる娘も、もう少し大きくなったらこの絵本の魅力が分かるかな。

    投稿日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味津々

    • すっくるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    娘がマドレーヌとであったのは、友達にマドレーヌシリーズの別の本をもらったのがきっかけ。
    本屋で見かけて、読んでみる!という娘。
    題名とは裏腹にマドレーヌが病気!!!
    いま、お医者さんごっこにはまりまくりの娘には
    大ヒットで、黙って興味津々に覗き込む。
    一言も発しないで聞いている娘、読み終わって
    「もう一回読んで。なんだかおもしろいねぇ」だそう。
    で、もう一度読むと
    「もう一回読んで。なんだかへんだねぇ」だそう。

    なつかしきマドレーヌ絵本。
    娘に読んであげるなんて、なんだかうれしいです。
    しかし、相変わらずつかみどころのないストーリーなのに
    ほのぼのさせてくれるこの絵本。好きです。

    投稿日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリを味わう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    マドレーヌシリーズは何冊か読んでいます。
    げんきなマドレーヌがどたばた騒動を起こす楽しいお話かと思いきや、マドレーヌが今回盲腸になってしまったのはびっくりでした。
    絵のほうもパリの名所の絵がたくさんあってパリ気分が味わえますね。

    投稿日:2015/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 盲腸

    私が大好きなマドレーヌ。チビちゃんですが負けず嫌いでおてんばで。素朴な絵もかわいいですよね。そのマドレーヌが盲腸になってしまう話です。マドレーヌにはぬいぐるみにも人形にも盲腸の傷跡があるのはこのお話で盲腸になってしまうからですよね。我が家では本で読むよりも先に人形に盲腸の傷跡があるのを見て知っていたのでこの絵本をよんでこどもたちは納得してました。

    投稿日:2014/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子にお薦めします

    名作だということで借りてきました。
    が、5歳の息子の反応はいまいちでした。

    男の子だからか、息子が他人の感情に疎いところがあるからか
    マドレーヌを見舞った後の女の子たちの表情にも
    私も盲腸を切って〜と言うのにも
    全く理解を示さず・・・それどころか
    「どうして?痛いよ」と冷静かつ理論的意見を!(汗)

    やっぱりこの絵本は女の子にお薦めします。

    投稿日:2013/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリジェンヌ気分で…。

    • 振袖柳さん
    • 50代
    • その他の方
    • 埼玉県

    まるで、パリの街を散歩している。そんな気分にさせてくれる、ベーメルマンスの絵が、本当におしゃれで素敵な1冊。
    小学生の女の子の中には、好きになってシリーズを読破。と、いう子もいるようです。大人のファンも多いです。
    主人公のマドレーヌのかわいらしさも、もちろんです。が、個人的には、ミスクラベルのユニークなキャラが気に入ってます。

    「2れつになって…。」の繰り返しは、3歳ぐらいの、小さな子も大好きで、とても楽しんでくれます。が、ラスト近く、寝室で、子供たちみんなが泣いているページ以降は、小学校中学年位にならないと、なかなか理解できないようです。
    おはなし会などで、女の子が多い時は、歓迎されます。が、ラストが少し難しいので、この絵本の次には、小さな子供でも解りやすい、しっかりしたストーリーの絵本を、もってきた方がよいと思います。

    投稿日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が味わい深い

    絵本クラブ対象

    娘は、大好きです。

    文章より絵が多く絵から伝わることのほうが多いです。

    元気で、活発な小さな女の子のマドレーヌの様子がよく伝わり、別のお話も読んでみたくなりました。


    娘は、一人で読もうと頑張っています。

    投稿日:2012/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女しかわからない?

    5歳の息子はあまり反応が良くありませんでした。
    この本を読んで「いいなぁ〜」と感じたのは母親のほうでした。

    趣のあるパリ、体験したことのない寄宿生活、かわいく飾られた病室・・・
    もと女の子の母親はドキドキしました。
    男の子にはわからないのかなぁ〜?

    この本の良さは、0歳の娘の成長を待って、語り合いたいな、と思います。

    投稿日:2011/12/30

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / 100まんびきのねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(105人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット