話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

ベッドのしたになにがいる?自信を持っておすすめしたい みんなの声

ベッドのしたになにがいる? 作・絵:ジェームズ・スティーブンソン
訳:つばきはらななこ
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784887500938
評価スコア 4.26
評価ランキング 18,125
みんなの声 総数 22
「ベッドのしたになにがいる?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おじいちゃんに、寝る前にメアリーとルーイがお話をしてもらって、二人共おじいちゃんに怖くなかったと言うのですが、やっぱり二人きりになるといろんなことを想像して怖くなってしまいます。「ベッドの下に、なにがいるの!」と、メアリーが言えば、「ほほう、それはほんとうかね。そういえば、わしが子どものころも、おなじようなことがあったなあ」と、おじいちゃんが言い、おじいちゃんが二人に話しをして、怖がることが一緒だったところが凄く笑えたし、面白かったです。おじいちゃんも、同じ体験をしたと素直に孫たちに話しているのが凄く仲良しの家族だなあと思いました。夜中にアイスクリームもやっぱり、どこのじじばばも甘いなあと思って安心しました(笑)

    投稿日:2018/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に最適な一冊

    絵がちょっとマンガっぽい感じですが、文章量が多いです。早口で読んでも5分はかかるかも。うちの三歳息子が最後まで飽きずに読めるか心配だったのですが、意外にちゃんと最後まで読めました。それどころか、「モウイッカイ!」と、その日のうちに三回以上読まされ、しまいには打ち切ったくらいです…。翌日からは寝る前に欠かせない一冊となりました。
    この絵本を読んで懐かしく思い出したのですが、子どもの頃って寝る前に色々想像してましたよね。風の音が幽霊の音に聞こえたり、車の音にびっくりしたり。息子も色々想像していて、この絵本がしっくりきたのかなぁ。
    そして、おじいちゃんが素敵。子どもの頃の思い出話をこんなに想像力豊かに話せるなんて、なかなかない気がします。
    文中に「きゅうけつき」など小さい子どもにはわかりにくい言葉があったので、もしかしたらもう少し上の年齢の方が面白く読めるかもしれないなぁ。あくまで想像ですが、小学校低学年くらいの方が楽しく読めるかも。
    私も小さい頃に、こんな絵本に出会いたかったなぁと思いました。

    投稿日:2017/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖くない本です。

    この絵本を選んだ際には子どもに読むつもりはなかったのですが、絵が可愛いからなのか、子どもが気に入りました。特に、おじいちゃんの子どもの頃の絵が好きなようです。古い洋館の壁にうつる影、なんて書くと怖そうですが、実は甘〜いお話です。

    投稿日:2016/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • スティーブンソン

    同じ作者の『ねえ、まだつかないの』や『モンティー』が好きなので、こちらを読むの楽しみでした。
    一見地味な雰囲気の絵本なのですが、ページをめくると独特のユーモアたっぷりの絵で楽しめます。マンガチックな絵なのですが、人物が表情豊かで今にも動きそうに描かれていて、とっても魅力的です。
    自分も小さい頃に同じようなことがあったなぁとなつかしくなるエピソードでした。

    投稿日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 代々

    みんな同じ道を通って大きくなっているって言うのがテーマだったと思います。うちの子には寝る前に怖いお話をしないのですが、このお話みたいに怖いお話をしてほしいって言われました。普通嫌がるのかと思ったりもしたのですが、絵本なお話が楽しかったからって言ってました。

    投稿日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐がりな子どもにもオススメ

    おじいちゃんに恐い話をされたあと
    全然恐くなかったというものの、実は臆病になっている兄妹。
    「さっきのおじいちゃんのおはなし、ほんとにあったことじゃないよね」
    「そうにきまってるさ。とくに、おばけのでてくるところは」
    「それにひめいをあげるところも」・・・。

    2人の想像力と、なんともユーモアたっぷりのおじいちゃんの掛け合いは最高に面白いです。
    この絵本を読めば、おばけなんて恐くなくなるかもしれません。
    臆病な子にこそオススメかも。

    投稿日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯磨きのやり直しは大変ですから(笑)

     幼い頃、従姉妹が泊まりに来て怖い話の後の暗闇の中の静寂に耐え切れず、二人で抱き合って眠った時の事を思い出します。

     さて、主人公のメアリーとルーイ。
     おじいちゃんのところへお泊りのようです。
     おじいちゃんたら、眠る前に怖いお話をしたんでしょうか?
     メアリーもルーイも寝付けません。
     ベッドの下に何かいるって、おじいちゃんのところへ伝えに行くと、おじいちゃんたら、...。

     おじいちゃんが語る自分の幼い頃のお話の絵に爆笑です。
     おじいちゃんたら、こどもなのにおひげをたくわえているんですもの。
     でも、おじいちゃんの怖がったものには全部原因があったことを、メアリーとルーいが解いていきます。
     読んでいてお子さんも安心することでしょう。
     でも、ラストの窓から入ってきたものたちは、おじいちゃんの恐怖心のかたまりだったのかしら?
     アイスクリームでめでたしってことにしましょう。
     
     夜眠る前には、読まないことをおすすめします。
     歯磨きのやり直しは大変ですから(笑)。

    投稿日:2010/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット