もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あかちゃんのごきげんがよくなる12のわらべうたえほん自信を持っておすすめしたい みんなの声

あかちゃんのごきげんがよくなる12のわらべうたえほん 絵:あべ ななえ
編:小林 衛己子
出版社:ハッピーオウル社
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784902528176
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,005
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 《ちょちちょち

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    これは乳児期の赤ちゃんがいるご家庭で、お父さんやお母さんが読んでぜひ、活用してほしいなぁと、思います。
    ここに紹介されているわらべ歌は、ホントに小さい抱っこ世代の赤ちゃん向けのものが多いです。

    自分の子どもが赤ちゃんだった頃に出会いたかった絵本です。
    単純な言葉の繰り返し、単純な動作のものしか紹介されていないので、逆に覚えてしまえばだれでも簡単にできると思います。
    個人的に一番好きなのは《ちょちちょち あわわ》です。
    この歌は体のいろんなところを触るので、赤ちゃんから大人まで気軽なわらべ歌の手遊びとして活用できます。
    小林さん(著者)の解説によると、このわらべ歌遊びは江戸時代の資料にも載っていたそうです。楽しみながら歴史も感じられるなんて、すごいですね!

    投稿日:2014/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出産祝いとしても

    乳幼児のおはなし会では必ずいくつかのわらべうたを盛り込みます。

    最近では、「つうしん」を作ることになったこともあり、小林衛己子さんの本は頻繁に見る機会が増えました。

    『あかちゃんとお母さんのあそびうたえほん』を持っていますが、この本はそれよりもさらに後に作られ、家庭でも遊びやすいように12曲にしぼりこんだとありました。

    子育てを取り巻く環境が変り、伝承の文化が少なくなっている今だからわらべうたや読み聞かせなどを子育てに盛り込み、子どもとのコミニケーションを赤ちゃんの頃からとっていく大切さを私も日々感じているところです。

    この本では、赤ちゃんの発達段階に合わせての遊び方や声のかけ方が記載されていますので、

    お母さん方にとっては何よりの手助けになるのではないかと思います。

    出産祝いとしても喜ばれそうだと思います。

    投稿日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やってる

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    わらべうたや手遊びが大好きの娘。
    そんな娘にとってはこの本はぴったりでした☆

    私が手振りをしながら始めると、娘二人とも大喜び。
    ものまねサルのように、完璧に!!
    「きゃっきゃっ」いいながらしていました。

    たまに寝る前に、二歳の娘は一人でやっています。

    投稿日:2009/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだまだ役にたちました

    2歳過ぎましたが、ゆっくり、ゆっくりの孫にはまだまだ役にたちました。スキンシップは幾つになっても大切なので、絵本から学ぶことが多いです。只今、ハイハイの特訓中の孫なので、早速「はいはいするあかちゃんを励ます」のページがすぐに実践しました。
    リハビリ中の孫なので、絵本通りには行きませんが、諦めずに頑張りたいと思っております。
    「いちり にり さんり しりしりしり!」も頑張って刺激させてやりたいと思いました。とっても役に立つ遊びがいっぱいです!

    投稿日:2009/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストを見ているだけでも!

    わらべうたって言い回しが少しわかりにくくてやってみればとっても耳に残っていいのに、本で読むとなんだかわかりづらい・・

    そんなイメージがありました。

    私自身も子どものスキンシップ遊びに興味があり、この中のいくつかは元々しっていますが、この絵本はとってもイラストが楽しいのです。
    それに、どのページにもわかりやすい説明もあります。

    そして肝心のメロディーですが・・
    表紙の裏にきちんと書かれてあるのです。

    わらべ歌の優しいメロディーは本当に赤ちゃんのご機嫌を良くしてくれる魔法があると思います。

    この本はとっても楽しめると思います。

    投稿日:2007/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット