おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!? おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ゆきやまのスキー場からいらいがとどいた。なんとゆきやまにでるかいぶつをみつけてほしいというのだ。はたして、かいぶつは…。

ぼくのだいすきなケニアの村」 パパの声

ぼくのだいすきなケニアの村 作:ケリー・クネイン
絵:アナ・フアン
訳:小島希里
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784776402299
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,658
みんなの声 総数 14
「ぼくのだいすきなケニアの村」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アフリカの生活に触れられます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ケニアで暮らすカレンジン人の少年の一日を描いた作品です。

    ケニアには、よその人の敷地に入るときに、「ホジ?」と声をかける習慣がありますが、「だれかいる?」という意味のスワヒリ語です。
    「ホジ?」には決まって「カリブ!」という言葉が返ってきますが、「どうぞ、ようこそ」という意味で、正にそんな村の生活なので、私達が忘れかけているものがそこには存在している気がします。

    何といっても、デフォルメされた絵が秀逸です。
    色合いも素晴らしく、まさにアフリカを感じさせてくれます。
    特に人の表情が、本当に生き生きとしています。
    民族衣装も、とても雰囲気が醸し出されていると思います。
    そして、主人公といってもいいくらいの牛の豊かな表情も、子供には好感を持って受け入れられることでしょう。

    息子は、アフリカという自然の中に暮らす子供の生活を興味をもって聞いていました。
    TVもゲームもない暮らしは考えられないようですが、こうした生活もあることを考えさせるのには良い絵本だと思います。

    投稿日:2008/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット