もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ペネロペ かたちをおぼえるふつうだと思う みんなの声

ペネロペ かたちをおぼえる 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784265071609
評価スコア 4.24
評価ランキング 16,688
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少し耳慣れない

    ペネロペシリーズ、私にとっては2作目です。

    ペネロペがかたちを探していきます。
    少しお勉強の要素が強い内容。
    「ながまる」や「ながしかく」は少し耳慣れないなと思いました。
    でもかわいいから○です。

    ところで、裏表紙のキャラクター、登場人物かと思ったら違うのですね。
    この子たちは一体どこに登場するのでしょう?

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 形がはっきりしていない

    クイズのようにして、形が覚えられそうな形式になっていると思います。
    ただ、形がわかりにくかったなー。
    ムラのある色だったり、あいまいな輪郭だったり。
    それがかわいい絵なのですが、「形」をとらえるには、向かないのかもしれませんね。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ややこしい

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    テレビなどでペネロペには親しみを持っている娘なので、図書館で「ペネロペ読んで〜」と持ってきました。
    ペネロペが家のあちこちでいろんな形の物を探すのですが、ちょっと読者参加型で次のページに答えがあるクイズっぽくなっています。
    私が少し気になったのは「ましかく」「ながまる」「ながしかく」と形がけっこう複雑で、しかもペネロペの答えがいつもとんちんかんなので、ストーリーがややこしいんです。
    ちゃんと形を覚えて知っている大きい子なら突っ込みながら読めるのでしょうが、これで一緒に形を覚えるための絵本ではないと思いました。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いけど・・・

    ペネロペが先に間違ってくれるので、子供も安心して答えられそうです。
    ただペネロペは可愛いけどお勉強ムードが漂っているので
    私はあまり進んで読んでやりたいとは思いませんでした。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット