なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

かお かお どんなかお」 パパの声

かお かお どんなかお 作:柳原 良平
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1988年01月
ISBN:9784772100908
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,924
みんなの声 総数 188
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 0歳6か月のころから2歳くらいまで読み聞かせていました。

    いろんなかおがでてきます。
    おこったかお、かなしいかお、たくましいかお、いたずらなかお・・・

    ページを繰るたびに、声のトーンを変えたり、表情を変えながら
    子どもに読み聞かせてみると、読むほうも楽しく、
    0歳の子でも、とても良い反応をかえしてくれました。

    0歳から読み聞かせができ、
    かおのかたちや色、表情なども見せることができる、
    生まれたばかりの赤ちゃんにとって、貴重な絵本だと思います。

    投稿日:2014/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • サントリーの印象が強い

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    自分にとって、この人の絵はサントリーの印象が大変強いので、なんともいえない親近感があります。
    子供はこの絵本が好きで、いつも持ってきます。
    最近では読むのをせがむより、自分で読むことが多くなりました。
    顔だけの絵本で、色々な表情があるのですが、それを見るのが面白いようです。
    シンプルなので分かりやすく子供にウケがいいのかもしれません。

    投稿日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもと一緒に遊べる絵本!

    いろいろな表情の顔が、感情ごとに描かれています。たのしいかお、かなしいかお、わらったかお、ないたかお・・・。読んだその日からすぐにそれらの顔を真似してくれるようになりました。中でも「すましたかお」はパパとママのお気に入り。これを娘にやってもらうと笑いがしばらく止まりません。絶妙は表情を作り出します。今ではこの絵本が無くても、車での移動中など、娘がくずりそうな時には、親が「○○のかお」と言って、娘に真似をさせる。その繰り返しで、親子で爆笑しながらで遊んでいます。

    投稿日:2011/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな絵が魅力的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    サントリー宣伝部時代の大ヒット「アンクルトリス」が懐かしい柳原 良平さんのファーストブック向けの絵本です。
    「おうちのともだち」「やさいだいすき」「むにゃむにゃきゃつきゃっ」「のりものがいっぱい」等とシリーズ化しています。

    この作品は、顔があって、それが様々な表情をしているもので、シリーズの中で一番先に読めると思います。
    顔の輪郭と目と鼻と口だけなのですが、違いが分かりやすく、それがこの本の魅力なのでしょう。
    いつもながらに、その絵と背景の絶妙な色調のバランス感覚たるや凄いの一言。

    読むときに、その表情をしてあげると、さらに楽しむことができる絵本です。
    何度も読み聞かせをせがまれること必至の作品で、是非ファーストブックに加えて欲しい一冊としてオススメします。

    投稿日:2011/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • かおかおたくさん

    0歳の時から読んでいる本です。1歳になった今でも娘はこの本が大好き。いろんな表情の顔が登場します。子供っていろんな顔が好き。顔を真似てみたりも好き。いろんな想いを表現できる顔って不思議だなーと親の私は思ったり。0歳のまだ言葉がしゃべれない赤ちゃんに、表情を通してコミュニケーションするのもとても面白いです。

    投稿日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ○○くんのお顔だ!

    「ねむった かお」「からい かお」・・・。
    いろんな表情の顔がでてきます。
    きっと身近な誰かにそっくりな顔も見つかりそう。
    娘は「いたずらな かお」を見て、
    「○○くんのお顔だ!」と言っていました。

    投稿日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル絵本

    いろんな表情の顔が出てくる楽しい絵本です。どこか懐かしい顔なのは、作者がお酒の宣伝の絵を描いていたせいでしょうか。0歳でも十分楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豊かな喜怒哀楽のために

    とてもわかりやすいコンセプトの絵本です。
    この本の楽しみ方はみなさん共通になるのではないでしょうか。
    表情が豊かになっていく一冊ですね。
    でも「あまーいかお」「いいおかお」などはむずかしい〜。

    投稿日:2008/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな顔

    そうそう、かおには目が二つで鼻が一つと
    口がひとつ。
    こんなかおやあんなかおもあるねえ。
    子どもと一緒にまねっこしながら
    読みました。
    たくさんの顔があって、面白かったのか
    繰り返し読んでと言われました。
    単純な絵本ですが、喜んでいました。

    投稿日:2008/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • わがやのおはなしかい

    • ぶたももさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子3歳、女の子1歳

    市内の美術館の読み聞かせ会で取り上げられたこともあって、一時熱心に見ていた上の娘(3歳)。その後熱が冷めて目もくれなかったのが、最近幼稚園で先生に読んでもらったのをきっかけに突然復活。
    絵本をかかえて1歳の妹相手に読み聞かせ。楽しい顔、怒った顔、困った顔、すべて実演つき(まあ違いがよく判らない表情もあるけれど)のステージに、小さな観客は大喜び。
    本人もまんざらではないようで、他の絵本も物色中。わが家の読み聞かせ会はしばらく続きそうです。

    投稿日:2007/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / おたすけこびと

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(188人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット