いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

かお かお どんなかおふつうだと思う みんなの声

かお かお どんなかお 作:柳原 良平
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1988年01月
ISBN:9784772100908
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,918
みんなの声 総数 188
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 最後はどんなかお?

    わらったかお、ないたかお、たくましいかお・・・
    いろんな「かお」がどどーんと大きく登場します。

    「わらったかお」では「はっはっは!」と大きな声で笑ったり、
    「ねむったかお」では「すやすやすや・・」と擬音を出したり、
    表情にあわせて声色をかえながら読んであげると、よりイメージがふくらむかな?と思ってそのように読んでいます。

    0歳から読んでいる本ですが、1歳になってからは、いろいろなかおを見たあとに裏表紙のかおを見せて、「これはどんなかおかな?」とかならず聞くようにしています。
    「いたいかおかな?」「にがいかおかな?」など、まだわからないかもしれないけれど、いろいろな言葉をかけるようにしています。

    ちょっと残念だなと思うところは・・・

    絵が大きく文章が少ないので、0歳から読みやすい本だと思いますが、もう少し絵が見やすいと良いなぁと思います。
    ページによってあまり色のコントラストがなかったり、目はわかりやすくても鼻や口の線が細くて見えにくいかおもあります。
    赤ちゃん向けの本は、色などがはっきりしているものが多いので、この本ももう少し全体的に見やすいと良いなぁと思います。

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもは顔の認識が早いと聞きます。
    丸が2つにお口があればもう顔になります。

    色々な表情の顔がでてきますが、
    もう少し明るい色を使ってもらえると良かったと思います。

    さらに言うと、描かれている顔の線が細いため、
    少し離れてみると、子どもには認識できないのではないか、とも思いました。

    投稿日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良い本だと思ったけれど

    レビューを見て、図書館で借りてきました。

    少ない言葉、色んな色使いや色んな形が出てきてこれは良い本だ!と思ったけれど・・・反応はいまいちでした。
    残念!

    自分で読むようになったらまた反応も違うかもしれません。
    いつか再トライしたいです。

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親の演技力が試されている…

    シンプルに顔が次々と出てくる絵本です。
    絵や色も派手ではないので、
    いかに盛り上げておもしろく読むか、親の演技力が試される絵本だと思います。
    うちの子はまあまあの反応だったかな。
    子供の友達にはとてもうけていたので、読んでみてもいいかも。

    投稿日:2014/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな表情に触れる

    12ヶ月のときに図書館で借りました。

    シンプルなタッチで、各ページに
    ひとつずつ、いろいろな表情が
    描かれています。

    はじめのうち、絵本の表情にあわせて
    私が表情や声を変えると、
    交互にじぃーっと見たり笑ったりしました。
    特に、『いたずらな顔』が好きだった
    ようです。

    息子にわかりやすいようにと大げさに
    顔を作ったり、セリフをつけたりしたので、
    だんだん声を出して笑うようになり、
    私の方ばっか見るように。

    絵本に釘付けにはならなかったけど、
    ふたりのコミュニケーションの時間を
    楽しめました。

    投稿日:2013/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情を伝えるのに役に立ちます

    あかちゃんは言葉が通じないので、表情で相手の感情を読み取ろうとします。お母さんは怒っているのよとか悲しいのよと絵本を通して伝えることができる本です。逞しい顔とかいたずらな顔とか表現しにくい顔もあるので、好みで飛ばしたりして読んでいました。
    2歳近くになると、表情でも読み取れるし言葉も理解できるので全然反応しなくなりました。会話ができるようになったら、お互いに色々な表情をしあって遊ぶのにも活用できるかな〜って思っています。

    投稿日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなかおがでてきます

    色んな表情をするようになってきた頃に購入しました。「わらったかお」「ないたかお」「おこったかお」などはよく反応していました。「ないたかお」では、手を目にあてて「えーん」としたり。

    「たくましいかお」「あまいかお」「からいかお」などはまだ難しかったようであまり反応しませんでした。

    最後に「おしまい、さよならのかお」というフレーズで終わるのもおもしろかったです。「おしまい」ということを覚えたのもこの絵本だったように思います。

    投稿日:2013/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 演技力がとわれる?

    わらべうたと絵本の会という子育てイベントでセレクトされた本です。

    いろいろな表情を 単純 明確 な 色 形 で子供たちにも分かりやすく表現されている本です。

    表情をまねしてみようと思いましたが、

    悲しい顔と泣いている顔・・・とう変化して表現したらいいかわからず断念(ノ_・。)

    投稿日:2013/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 耳と髪のない、顔の表情だけのシンプルなページがつづきます。
    同じ顔をしたりして、1歳過ぎに読んで、
    あっというまに表情も言葉も覚えたので、
    インパクトはあると思います。
    かといって、大好きな本というわけではなさそう・・
    他のいろいろな物語の本を読むようになった1歳すぎてからでは、
    ちょっと物足りなかったのかも・・・

    もうすこし月齢が低い時に読めば良かったかな?と思います。

    投稿日:2011/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト

    表紙からしてとてもインパクトがあります。
    1ページまるまる使っていろいろな表情の顔が載っています。
    うちの子はなんでか「かなしいかお」が好きみたいです。
    「かなしいかお」のページでは本人は、「わらったかお」になっています。
    それにしても「おこったかお」怖い…

    投稿日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / おたすけこびと

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(188人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット