新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

あめだからあえる」 ママの声

あめだからあえる 作:さとうち藍
絵:広野 多珂子
出版社:福音館書店
税込価格:\0
発行日:1998年
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,090
みんなの声 総数 4
「あめだからあえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あめだから

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳、

    イラストがとっても素敵!細かいところまで楽しめます。
    水溜りに雨の落ちた波紋がきれい〜!
    とにかくどのページも雨の雫が美しいのです。
    ヘビイチゴやカラスノエンドウ、あかつめくさ…
    野の花ってこんなに愛らしかったんだ…
    実際にお外にでかけたくなります。

    雨の日のおでかけ嫌だな、できるだけ家にいよう、って
    思っちゃう私なので、「あめだからあえる」って考え方、
    なんて素敵なんだろう!って思いました。
    そっか、雨を気にしない生き物、雨が好きな生き物も
    いるんだもんねぇ。

    最後の、雨だからこそできる素敵なこと。
    中1の息子も「いいねぇ!!」とうっとり顔で聞いてくれました。
    小学校で読み聞かせボランティアをしているので、
    6月の読み聞かせにぜひ使ってみたい一冊です。

    投稿日:2012/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植物図鑑のよう

     女の子の表情が印象的な広野さんの絵。「ねぼすけスーザ」のシリーズなど、親子でお気に入りですが、自然の風景や動植物の描写もすばらしく、「ちいさな魔女リトラ」を読んだときにも、色とりどりのきれいな花の描写に目を奪われました。この本では、さらに植物や小さな生き物たちが丁寧に細かく描かれていて、まるで図鑑のような正確さです。

     娘の大好きな幼虫やカエルなどもたくさん出てくるので、娘もこのお話をとても気に入ってくれました。雨の池には、おたまじゃくしがいっぱい。「あっ、カエルもいるよ。でも、まだしっぽがついてるよ。」・・・主人公の女の子が見つける前に、もう発見して、歓喜の声を上げている娘。

     小さな花々も生き物たちも、すべてが生きる力にあふれていて、雨の日の楽しみを伝えてくれています。「あめだから あえる」・・・このタイトルどおり、雨の日だからこそ見つけられる楽しさを探しに、外に出てみるのもいいですね。

    投稿日:2009/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



Netflixで大人気!「ヒルダの冒険」シリーズ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット